ふんわり! 中華風カステラのレシピ、作り方(高塚理恵、植野一恵)

クスパアワード2017とは?
1年で最も支持を集めた料理教室の先生を発表するクスパアワード。2017年も、ユーザー様からの投票数・クチコミ数・アクセス数などを総合的に審査し、満足度が高かった教室を表彰します。
2017年によく通った教室・楽しかった教室など、クスパアワードで応援したい教室の「クスパアワード2017 この教室に投票する」ボタンより、ご投票をお願いいたします。
投票期間:2017年12月5日(火)~2018年1月5日(金)
×
2017年一番満足度の高い教室は?クスパアワード投票受付中!

クスパ > クスパ レシピ > 生地もの・粉もの > 飲茶・点心 > その他 > ふんわり! 中華風カステラ

クスパ レシピ

ふんわり! 中華風カステラ 高塚理恵、植野一恵先生

印刷する

1

紹興酒とサラダオイルを加えて作るのが特徴の、中華のカステラです。
卵白の泡を消さないように混ぜ合わせ、蒸し器で一気に蒸すので、時間が経ってもふんわり!!

<材料>  分量:4人前   調理時間:30分

薄力粉
150g
卵黄
3個分
卵白
3個分
砂糖
120g
紹興酒
大さじ3
小さじ1/2
サラダオイル
大さじ1

作り方

【1】

ボウルに卵黄をとり、砂糖を加え白っぽくなるまでよくすり混ぜる。

【2】

1に紹興酒、塩、サラダオイルを加え混ぜ合わせる。

【3】

別のボウルに冷やしておいた卵白を堅く泡立て、2の中に2~3回に分けて加える。

【4】

ふるっておいた薄力粉を3に加え、泡を消さないようにさっくりと混ぜる。


【5】

サラダオイル(分量外)を塗った型に流し込み、蒸し器で蒸す。
(強火で14~15分)

【6】

竹串を刺してみて生地がくっついてこなければ蒸し上がり。
型からはずし、器に盛る。

★調理のコツ・ポイント★

・卵白は冷蔵庫で冷やしておいた方が泡立ちが早く、きめの細かい良い泡が立ちます。
・薄力粉はボウルの下の方によどみやすいので、ゴムべらで下からすくいあげるようにして手早く混ぜてください。

レシピ制作者

高塚理恵、植野一恵

高塚理恵、植野一恵:クッキングサロン原宿(東京都 渋谷区 千駄ケ谷)

■先生のプロフィール

高塚理恵略歴:1942年、東京渋谷「国際クッキングスクール」出身。 助手、講師を経て、1967年鳥取県米子…(全て読む)


ページのトップへ戻る


スタッフイチオシ『クリスマスにぴったりなおもてなしメニュー!』