クリスマスクレームブリュレのレシピ、作り方(高塚理恵、植野一恵)

クスパアワード2017とは?
1年で最も支持を集めた料理教室の先生を発表するクスパアワード。2017年も、ユーザー様からの投票数・クチコミ数・アクセス数などを総合的に審査し、満足度が高かった教室を表彰します。
2017年によく通った教室・楽しかった教室など、クスパアワードで応援したい教室の「クスパアワード2017 この教室に投票する」ボタンより、ご投票をお願いいたします。
投票期間:2017年12月5日(火)~2018年1月5日(金)
×
2017年一番満足度の高い教室は?クスパアワード投票受付中!

クスパ > クスパ レシピ > お菓子 > プリン > クレームブリュレ > クリスマスクレームブリュレ

クスパ レシピ

クリスマスクレームブリュレ 高塚理恵、植野一恵先生

印刷する

2

クリスマスにとっておきのデザートを!
卵黄と砂糖、クリームを使ったおなじみのお菓子です。
前日に作っておいて、冷たくひやすとより一段とおいしくなります♪

<材料>  分量:4人分   調理時間:40分

生クリーム
200cc
牛乳
100cc
バニラビーンズ
1/2本
卵黄
3個分
グラニュー糖
30g
カソナード
適宜

作り方

【1】

小鍋に牛乳、バニラビーンズの種、さやを入れ火にかける。
鍋の縁が沸騰してきたら火を止める。

【2】

ボウルに卵黄とグラニュー糖を加え、白っぽくなるまで泡立て器ですり混ぜる。

【3】

2の中に生クリームを加え混ぜ合わせる。

【4】

3に、さやを取り除いた1を加え混ぜる。


【5】

耐熱の器に4を流し込みバットに並べ、器の6分目くらいの高さまでぬるま湯を張り、170度のオーブンで約20分蒸し焼きにする。

【6】

オーブンから取り出し、粗熱をとり冷やす。

【7】

上からカスナードを振り、バーナーでカラメリゼする。

★調理のコツ・ポイント★

・卵黄とグラニュー糖は、もったりとした感じになるまで、しっかりとすり混ぜてください。

・5で、竹串を刺してみてゆるい卵液が流れ出るようなら、更に蒸し焼きにします。ただし、冷めると固まりますから焼き過ぎに注意しましょう。

・カスナードの代わりに、ブラウンシュガーや三温糖でも作れます。

レシピ制作者

高塚理恵、植野一恵

高塚理恵、植野一恵:クッキングサロン原宿(東京都 渋谷区 千駄ケ谷)

■先生のプロフィール

高塚理恵略歴:1942年、東京渋谷「国際クッキングスクール」出身。 助手、講師を経て、1967年鳥取県米子…(全て読む)


ページのトップへ戻る


スタッフイチオシ『クリスマスにぴったりなおもてなしメニュー!』