イタリア伝統料理 魚のインボルティーニのレシピ、作り方(松山 恭子)

クスパアワード2019とは?
1年で最も支持を集めた料理教室の先生を発表するクスパアワード。2019年も、ユーザー様からの投票数・クチコミ数・アクセス数などを総合的に審査し、満足度が高かった教室を表彰する予定です。
2019年に参加した料理教室のなかで、もっとも満足度の高い教室を「クスパアワード2019 この教室に投票する」ボタンより、ご投票をお願いいたします。
なお、投票はお1人様1教室しかできません。不正があった場合は無効票となります。
投票期間:2019年12月2日(月)~2020年1月7日(火)
×
2019年一番満足度の高い教室は?クスパアワード投票受付中!

クスパ > クスパ レシピ > 魚介のおかず > その他の魚 > かじき > イタリア伝統料理 魚のインボルティーニ

クスパ レシピ

イタリア伝統料理 魚のインボルティーニ 松山 恭子先生

印刷する

魚の切り身で手軽におつまみが作れます。オーブンで焼くのでヘルシーです。

<材料>  分量:4人分   調理時間:30分

メカジキ(スライス)
400g
パン粉(代用 ポレンタ)
100g
ケッパー
10g
緑のオリーブ
12個
パセリんおみじん切り
少々
卸したパルミジャーノ
適宜
EXVオリーブオイル
適宜
塩・コショウ
適宜
レモン汁
お好みで

作り方

【1】

魚の切り身を薄くカットします。

【2】

魚切り身(一部)とパン粉、オリーブ、チーズ、ケッパー、パセリ、オリーブオイルをブレンダーに掛けます。

【3】

魚の切り身の上に2のペーストを載せて、軽く巻いて楊枝で留めます。

【4】

オリーブオイルとパン粉(ポレンタ)を上からまぶします。


【5】

オーブンで焼きます。

【6】

仕上げにレモン汁とパセリをふりかけます。

★調理のコツ・ポイント★

こんがりと色づく程度に焼きましょう!

レシピ制作者

松山 恭子:LCI イタリアカルチャースタジオ(東京都 武蔵野市)

■先生のプロフィール

全日空㈱にて10年間地上サービス、インストラクターの経験を経て、イタリアへ留学。各地の料理学校や家庭を回り…(全て読む)


ページのトップへ戻る