かじきまぐろのソテー 焼きパプリカと塩麹のソース添えのレシピ、作り方(丹下 慶子)

クスパ > クスパ レシピ > 魚介のおかず > その他の魚 > かじき > かじきまぐろのソテー 焼きパプリカと塩麹のソース添え

クスパ レシピ

かじきまぐろのソテー 焼きパプリカと塩麹のソース添え 丹下 慶子先生

印刷する

31

片面を弱火でじっくりソテーすることでジューシーに焼き上がります。コクのあるパプリカソースとハーブでクリスマスカラーに。焦がしバター風味がシャルドネ&ピノノアールのスパークリングにぴったりです。

『手軽で簡単!華やかパーティーレシピ』募集企画で制作されたレシピです。

<材料>  分量:4人分   調理時間:15分

かじきまぐろ
4切れ
無塩バター
大さじ1
オリーブオイル
大さじ1
塩こしょう
少々
★パプリカ
1個
★塩麹
小さじ1~2
★にんにくのすりおろし
小さじ1/4
★オリーブオイル
大さじ3

作り方

【1】

かじきまぐろは両面に軽く塩をふり10分くらい置く。表面に出た水分をペーパーで除いておく。

【2】

フライパンにバター、オリーブオイルを熱し、バターがしっかり溶けて軽く色づいたらかじきを入れる。焼き油をかじきにかけながら中火で焼き、表面に焼き色がついたら裏返し、30~40秒焼いて火を止める。予熱で中まで火を通す。

【3】

パプリカは、ヘタと種をとり、皮が真っ黒になるまでグリルで焼く。熱いうちに皮を除く。フードプロセッサーに、塩麹、にんにく、オリーブオイルとともに入れて滑らかなペースト状にする。

【4】

皿にソースをしき、ソテーしたかじきをのせる。ルッコラやベビーリーフをのせて黒コショウをひき、いただく。


★調理のコツ・ポイント★

強火で焼かないこと。焼きすぎるとパサつくので注意。

レシピ制作者

丹下 慶子

丹下 慶子:さくらキッチン(東京都 荒川区 東日暮里)

■先生のプロフィール

チーズプロフェッショナル協会認定チーズプロフェッショナル 日本ソムリエ協会認定ソムリエ 漢方養生指導士 レ…(全て読む)

■インターネット予約可能なレッスン

2019年 9月19日(木)   ブルーベリーチーズブレッドとガパオライス


ページのトップへ戻る



クスパからのお知らせ

2019年8月28日

【重要】消費税率に伴うレッスン受講料について

このたび2016年11月28日に施行された法律(平成28年法律第85号及び第86号)に基づき、2019年10月1日から消費税及び地方消費税の税率が8%から10%に引上げられる予定です。つきましては、クスパでも【レッスン受講料】税込統一表記の改定します。
同じレッスンでも9月までの【レッスン受講料】と10月までの【レッスン受講料】に差異が出る場合がございますので、ご了承ください。
(例)10月以降のレッスンを9月中に予約→メールで届いたレッスン受講料が記載されていなかった。
※先生が対応されていない場合もありますので、詳細は先生にお問い合わせください。
※他にも、事前振り込みの場合など詳細は先生にお問い合わせください。
ご不便をおかけしますが、ご理解とご協力のほど、よろしくお願いいたします。
クスパ運営事務局