天使の羽根のように軽い純白のデザートのレシピ、作り方(小林 素子)

クスパ > クスパ レシピ > お菓子 > その他 > その他 > 天使の羽根のように軽い純白のデザート

クスパ レシピ

天使の羽根のように軽い純白のデザート 小林 素子先生

印刷する

1

マスカルポーネの豊かで艶やかな白に、真夏の雲の様に真っ白なメレンゲを加えたら、この上なく美しく軽い、純白のデザートが出来ました。
春には真っ赤な苺を、真夏にはパープルのベリーを、そしてゴールドのマンゴー、若草色のキーウィーフルーツ… お好きな色を添えてください。

<材料>  分量:4人分   調理時間:15分

北海道マスカルポーネ
250g
生クリーム
100cc
卵白
鶏卵2個分
粉砂糖
大さじ1 と1/2
おろしたレモンの皮
少々
コワントロー
小さじ1
クラッカー又はビスケット
8枚
苺(又は好みのくだもの)
8粒
砂糖
適宜

作り方

【1】

苺4粒を刻んで砂糖を振って置く。残り4粒は飾り用。

【2】

卵白を泡立ててメレンゲを作る。ボウルを氷水に当てながら、しっかりと角が立つまで。途中で粉砂糖の約半量を入れる。

【3】

別のボウルに生クリームを泡立てる。途中で残りの粉砂糖を加える。泡立て方は1と同様ですが、生クリームは泡立てすぎるともろもろになり、更に個体と液体が分離してしまいますので、角が立ったらOK。因みにこの塊になった部分は良質のバターです。

【4】

3にコワントローとレモンの皮を加えて一混ぜする。北海道マスカルポーネも加えて軽く混ぜる。


【5】

4に1のメレンゲを三回に分けて入れ、さっくりと混ぜる。偏りがあって良いので、混ぜ過ぎない様に。

【6】

器に砕いたクラッカーと1の刻んだ苺を入れ、上からふんわりと5を盛り、飾り用の苺を飾る。

★調理のコツ・ポイント★

卵白をしっかりと泡立て、その泡をつぶさない事が肝心です。その為にはボウルを冷しながら手早く作る事。放置すると泡がつぶれて水っぽいメレンゲになってしまいます。5で生クリームなどと混ぜる時も、決して混ぜ過ぎない事。

レシピ制作者

小林 素子

小林 素子:小林素子 Cooking Salon(埼玉県 さいたま市南区 太田窪)

■先生のプロフィール

20年に亘る国際線乗務を通して様々な国の食及び、サービスに関わる。 1991年より「世界の家庭料理を作って…(全て読む)

■インターネット予約可能なレッスン

2019年 8月28日(水)   暑い日には暑い国の料理がおいしい♪


ページのトップへ戻る


スタッフイチオシ『火を使わないメニュー特集』