トスカーナ州の伝統料理・カスタニャッチョのレシピ、作り方(松山 恭子)

クスパ > クスパ レシピ > 生地もの・粉もの > その他 > トスカーナ州の伝統料理・カスタニャッチョ

クスパ レシピ

トスカーナ州の伝統料理・カスタニャッチョ 松山 恭子先生

印刷する

12

イタリアにあるトスカーナ州伝統的なお料理です。

<材料>  分量:8~12人分   調理時間:50

栗粉  
400g
くるみ,干しブドウ 
60-80g つつ
ローズマリーノ
1-2本
松のみ  
40-60g
ひとつまみ
 750ml
オリーブオイル 
大さじ6

作り方

【1】

ぬるま湯に干しブドウを浸けます。

栗粉をふるいにかけます。

【2】

塩を2つまみ加え、水を少しづつ加え、泡立て器で良く混ぜ合わせます。

干しブドウを絞り、水分を取り、松のみと細かくしたくるみを加えます。

【3】

オーブン皿にオイルを塗り,生地を入れます。

ローズマリーノを散らします。

オリーブオイルを大さじ2掛けます

【4】

オーブン200°で30分焼きます。 


★調理のコツ・ポイント★

ドライフルーツがこんがり焼きあがれば出来上がり。

レシピ制作者

松山 恭子:LCI イタリアカルチャースタジオ(東京都 武蔵野市)

■先生のプロフィール

全日空㈱にて10年間地上サービス、インストラクターの経験を経て、イタリアへ留学。各地の料理学校や家庭を回り…(全て読む)


ページのトップへ戻る