ゆばときのこの卵とじ丼のレシピ、作り方(橋本美樹子)

クスパアワード2020とは?
1年で最も支持を集めた料理教室の先生を発表するクスパアワード。2020年も、ユーザー様からの投票数・クチコミ数・アクセス数などを総合的に審査し、満足度が高かった教室を表彰する予定です。
2020年に参加した料理教室のなかで、もっとも満足度の高い教室を「クスパアワード2020 この教室に投票する」ボタンより、ご投票をお願いいたします。
なお、投票はお1人様1教室しかできません。不正があった場合は無効票となります。
投票期間:2020年12月1日(火)~2021年1月5日(火)
×
2020年一番満足度の高い教室は?クスパアワード投票受付中!

クスパ > クスパ レシピ > ご飯もの > > その他 > ゆばときのこの卵とじ丼

クスパ レシピ

ゆばときのこの卵とじ丼 橋本美樹子先生

印刷する

17

上品な『ふぐの白だし』でゆばの甘さが引き立ちます。とろ~りとろける卵と、ゆばが優しい味わいで、いつものご飯がごちそうになる一品です。

<材料>  分量:4人分   調理時間:10分

乾燥ゆば
100g
しめじ
100g
しいたけ
2枚
2個
三つ葉
適量
片栗粉
小さじ2.5
ご飯
茶碗4杯分
400cc
A:ふぐの白だし
大さじ2
A:薄口しょうゆ
20cc
A:みりん
20cc
A:砂糖
小さじ1
A:塩
少々

作り方

【1】

乾燥ゆばは、水に5分ほど漬けて戻しておく。

【2】

しめじは手でほぐし、しいたけは1cmほどの幅に切る。

【3】

フライパンに水とAを入れて一煮立ちしたら、しめじ、しいたけ、戻したゆばを入れて3分ほど煮る。

【4】

水溶き片栗粉で(小さじ2.5を大さじ1の水で溶く)でとろみをつける。


【5】

溶いた卵を流し入れ、固まりかけたら火からおろし、熱いご飯にのせる。

【6】

三つ葉をあしらってできあがり。

★調理のコツ・ポイント★

卵は、ふわっとしてくるまで混ぜないようにしましょう。乾燥ゆばの他、生ゆばや生揚げでも美味しくいただけます。

シマヤさん「家族で食べたい旬の和みレシピ」コンテストで、「ふぐの白だし」最優秀レシピを受賞したレシピです。

レシピ制作者

橋本美樹子

橋本美樹子:元町エムズキッチン(神奈川県 横浜市中区 元町)

■先生のプロフィール

幼い頃から料理好きの母の横で台所に立ち、自然に家庭料理の基礎を学ぶ。 銀座の宝飾会社勤務と並行してアロライ…(全て読む)

■ネット予約可能なレッスン

2020年12月 6日(日)   一緒に作ろう♪ ビーフライス&豆腐のアンチョビグラタン


ページのトップへ戻る



クスパからのお知らせ

2020年12月1日

毎年恒例のクスパアワードの投票がスタートしました!!
毎年ユーザー様から投票数・アクセス数・クチコミ数・アクセス数等から総合的に審査し、満足度が高かった教室を表彰します!

【投票受付期間】
2020年12月1日(火)~2021年1月5日(火)23:59