かんたん豆花 黒糖ピーナツソース のレシピ、作り方(高橋 育子)

クスパ > クスパ レシピ > お菓子 > その他 > おから・豆腐・豆乳を使ったお菓子 > かんたん豆花 黒糖ピーナツソース 

クスパ レシピ

かんたん豆花 黒糖ピーナツソース  高橋 育子先生

印刷する

台湾でおなじみの豆花。田舎では食べられないので、かんたんなレシピを作成しました。
ピーナツがまだ固めな感じですが、歯応えと薬効はバッチリです。

<材料>  分量:4人分   調理時間:60分

豆乳(無調整)
400cc
100cc
きび砂糖
大さじ1
アガー
12g
皮付きピーナツ(乾燥)
100g
黒糖
50g

作り方

【1】

ピーナツは薄皮ごとボウルに入れ、浸るくらいの水につけ、一晩置く。

【2】

1のピーナツの水を切り、ひたひたになるくらいの水と一緒に小鍋に入れ、中火で沸騰させる。灰色のアクが出たら、取り除く。沸騰後約15分、ピーナツが指で潰れるくらいの固さまで弱火で煮る。

【3】

2が柔らかくなったら、黒糖を入れて、5分煮る。その後、火から下ろし味を含ませる。(甘みはお好みで分量を変えてください。少なめです。)

【4】

砂糖とアガーをよく混ぜ合わせる。


【5】

小鍋に分量の水を沸かし、弱火にし、4を入れて手早く混ぜる。さらに一度沸騰させる。

【6】

豆乳を加えて、泡立たないように混ぜる。

【7】

耐熱のタッパーなどに流し入れる。(タッパーを水で濡らしておくと、洗いやすい)

【8】

荒熱が取れたら、冷蔵庫で冷やし、取り分けて、ピーナツソースをかけていただきます。


【9】

ピーナツソースを作るのが面倒な時は、黒蜜+きな粉、フルーツやヨーグルトソースでも。

★調理のコツ・ポイント★

アガーはだまになりやすく、水を沸騰させた状態で使います。豆乳を入れたら、手早く混ぜないと鍋の中で固まってしまうので、気をつけます。
ゼラチンや寒天でもできますが、本場のは石膏で固めるため、アガーの方が食感が近いです。

レシピ制作者

高橋 育子

高橋 育子:薬膳Labo (鳥取県 米子市 旗ケ崎)

■先生のプロフィール

国際中医師・国際中医薬膳管理師として、本格的な治療薬膳からスーパーの食材で簡単に出来る家庭薬膳まで、初めて…(全て読む)


ページのトップへ戻る