レモンクリームのサクサク♪パイコロネのレシピ、作り方(星野くみこ)

クスパ > クスパ レシピ > お菓子 > パイ・タルト > その他 > レモンクリームのサクサク♪パイコロネ

クスパ レシピ

レモンクリームのサクサク♪パイコロネ 星野くみこ先生

印刷する

5

冷凍パイシートで作ったサックサクなコロネに、甘酸っぱ〜いレモンクリームをたっぷり詰めた極上スイーツです♪
難しそうなレモンクリームもレンジで簡単に作れますよ。
甘さ控えめなので、甘いもの好きな方はお砂糖を増やす等アレンジしてみて下さいね。

<材料>  分量:コロネ6本分   調理時間:50分

冷凍パイシート
2枚
1個
砂糖
50g
コーンスターチ
大さじ1
レモン汁
レモン1個分
練乳
大さじ1
生クリーム
100cc
粉砂糖
適宜

作り方

【1】

冷凍パイシートは室温で10分ほど解凍する。
解凍後、縦3等分に切る。

【2】

耐熱ボウルに卵を割り入れ、溶きほぐす。

【3】

溶いた卵に砂糖、コーンスターチ、レモン汁を順に加え、その都度泡立て器でよく混ぜダマのない状態にする。
コーンスターチはダマになりやすいので、よく混ぜる。

【4】

電子レンジ600ワットで1分30秒加熱する。
加熱後レンジから取り出し、泡立て器で手早く混ぜ、再度600ワットで30秒加熱する。
よく混ぜてトロミがついたクリーム状になればOK。
液状なら追加でレンジにかける。


【5】

<加熱時のポイント>
1分30秒→混ぜて30秒→混ぜてトロミをみる。
クリーム状になれば加熱終了。
加熱が終わったら粗熱を取ってから冷蔵庫で冷やす。

【6】

3等分に切ったパイ生地を、倍位の長さに伸ばす。
クッキングシートに挟んで伸ばすと、扱いやすいです。

【7】

作った型に巻きつける。
この時キツく巻いてしまうと、焼成後、型から外すときにパイ生地が割れてしまうので、決してキツく巻かない事。

【8】

200度に予熱したオーブンで25分焼く。


【9】

オーブンによって焼き時間が多少異なります。
紙型は熱伝導が悪い為、中が生焼けになりやすいです。
表面にしっかり焼き色がつくまで焼いてあげると、中まで焼けますよ。

【10】

網の上で冷ます。

【11】

粗熱が取れたら、優しくひねりながら型を外す。
外しにくい時は、中に折り込んだクッキングシートを出し、中の芯になっている紙を抜くと、外しやすいです。

【12】

冷ました5に練乳と無糖ヨーグルトを加えて混ぜる。
しっかりとツノが立つまで泡立てた生クリームも加えて混ぜる。


【13】

レモンクリームが完成。

【14】

レモンクリームを絞り袋に入れて、コルネの中に絞る。

【15】

クリームが詰め終わったら、上に粉砂糖を振り掛ける。

【16】

<コロネ型の作り方>
15cm× 10cmに切った紙を6枚用意する。直径3cm位の筒状にし、両端をホッチキスで止める。


【17】

筒状にした紙に、クッキングシートを巻く。

【18】

クッキングシートの端は筒の中に折り込む。

【19】

筒の中に入らない端は、パイ生地で隠れるので、テープで止めたりしない事。

★調理のコツ・ポイント★

・コーンスターチを加えたら、しっかり混ぜてダマがない状態にして下さい。
・使用するレモンの大きさによってトロミがつく時間が異なります。
・レンジで加熱して泡立て器で混ぜる時、手早く混ぜてダマを取ってから追加でレンジにかけて下さい。

レシピ制作者

星野くみこ

星野くみこ:BREAD CAKE COOKING < aim >エイム(岐阜県 岐阜市)

■先生のプロフィール

専門学校で料理 パン 製菓を学び、卒業後は大手料理教室に就職。 クッキング、ブレッド、ケーキコースの講師を…(全て読む)

■ネット予約可能なレッスン

2020年12月 4日(金)   家庭料理 12月メニュー


ページのトップへ戻る