レモンクリームのサクサク♪パイコロネのレシピ、作り方(aim)

クスパ > クスパ レシピ > お菓子 > パイ・タルト > その他 > レモンクリームのサクサク♪パイコロネ

クスパ レシピ

レモンクリームのサクサク♪パイコロネ aim先生

印刷する

15

冷凍パイシートで作ったサックサクなコロネに、甘酸っぱ〜いレモンクリームをたっぷり詰めた極上スイーツです♪
難しそうなレモンクリームもレンジで簡単に作れますよ。
甘さ控えめなので、甘いもの好きな方はお砂糖を増やす等アレンジしてみて下さいね。

<材料>  分量:長さ10cmコロネ6本分   調理時間:50分

冷凍パイシート(11×19cm)
2枚
1個
グラニュー糖
60g
コーンスターチ
大さじ1
レモン汁
40ml(レモン約1個分)
練乳
大さじ1
生クリーム
100cc
粉砂糖
適宜

作り方

【1】

【下準備】
・オーブンは200℃に予熱をかける
・生クリームはしっかりとツノが立つまで泡立て、冷蔵庫で冷やしておく

【2】

【コロネ型の作り方】30cm×30cmのクッキングシートを6枚用意する。

【3】

半分に折る。

【4】

25×40cmのフライパン用アルミホイルを6枚用意し、ホイル裏面を上にし、その上に半分に折ったクッキングシートをおく。


【5】

アルミホイルの上下をクッキングシートの大きさに折る。

【6】

麺棒などをつかい、直径約2〜3cmになる様に巻く。直径が太くても焼けますが、後で入れるクリームが足らなくなります。

【7】

巻き終わったら、両端を一周少し折り返して、広がらないように固定する。

【8】

6本完成。


【9】

【レモンクリーム】
耐熱ボウルに卵を割り入れ、溶きほぐす。

【10】

溶いた卵に、グラニュー糖、コーンスターチ、レモン汁を順に加え、その都度泡立て器でよく混ぜ、ダマのない状態にする。
コーンスターチは特にダマになりやすいので、よく混ぜて下さい。

【11】

電子レンジ600wで1分30秒加熱する。 加熱後レンジから取り出し、泡立て器で手早く混ぜ再度30秒加熱する。

【12】

よく混ぜてとろみがついたクリーム状になればOK。 冷えるとかたまります。粗熱をとり冷やす。


【13】

【コロネ成形】
冷凍パイシートは室温で15分ほど解凍する。 解凍後、縦3等分に切る。

【14】

3等分に切ったパイ生地を伸ばす。先に指で引っ張って伸ばしておくと、この後の麺棒がラクになります。

【15】

手で伸ばした生地はクッキングシートに挟んでから麺棒をかけてさらに伸ばす。元の2倍の長さを目安に。

【16】

作った型に巻きつけていく。パイ生地は焼くと膨らみやすいです。生地を引っ張りながらしっかり巻きつけていきましょう。


【17】

200℃に予熱をしたオーブンで25〜30分焼く。

【18】

オーブンによって焼き時間が多少異なります。 しっかり焼き色がつくまで焼いて下さい。焼き上がったら、網の上で冷ます。

【19】

粗熱が取れたら、型紙を雑巾絞りの様に優しくねじってひねりつぶし、そっと引き抜く。

【20】

冷やした13に練乳を加えて混ぜる。 泡立てておいた生クリームも加えて混ぜる。もしダマが出来るようならザルこしして下さい。


【21】

レモンクリームが完成。

【22】

レモンクリームを絞り袋に入れて、コロネの中に絞る。口金は付けても付けなくてもお好みで。

【23】

クリームを入れ終えたら、上に粉砂糖をふりかける。

★調理のコツ・ポイント★

・ 紙型は熱伝導が悪い為、中が生焼けになりやすいです。 表面にしっかり焼き色がつくまで焼いてあげると、中まで焼けますよ。
・型紙をコロネから外す時、両端が太いと引っかかります。型紙はしっかり潰して細くすると外しやすいですよ。

レシピ制作者

aim

aim:aim(岐阜県 岐阜市)

■先生のプロフィール

普段は学校司書として本と子どもに囲まれた生活も送る、ダブルワーク料理家。 2年通った料理専門学校では、各国…(全て読む)


ページのトップへ戻る


スタッフイチオシ『節分にまつわる縁起ごはんレシピ』