サラダチキンと茄子の和ミルフィーユのレシピ、作り方(木村通子)

クスパ > クスパ レシピ > お肉のおかず > 鶏肉 > 鶏むね肉 > サラダチキンと茄子の和ミルフィーユ

クスパ レシピ

サラダチキンと茄子の和ミルフィーユ 木村通子先生

印刷する

【タカラ「料理のための清酒」使用】
ふっくらやわらかサラダチキンに茄子のトロっとした食感が重なり
ジューシーな美味しさに!
生姜と大葉がきいた和風仕立てのさわやかな味はこれからの季節にピッタリな一品です。
【宝酒造×クスパ】コラボ企画で製作されたレシピです。

<材料>  分量:2人分   調理時間:20分

鶏むね肉
1枚
適量
タカラ「料理のための清酒」
適量
茄子
1本
大葉
4枚
A)めんつゆ(3倍濃縮)
大さじ1
A)おろし生姜
1片
オリーブオイル
適量

作り方

【1】

サラダチキンを作る。
鶏むね肉の皮を取り除き全体にフォークで穴をあけ2~3センチ幅にスライスし全体的に塩をふる。

【2】

1)をフライパンに敷き詰め、タカラ「料理のための清酒」を鶏肉の表面が少し見える程度まで入れ、5分置く。

【3】

蓋をして弱めの中火で約5~6分煮る。茹で上がったらバットに上げる。

【4】

茄子は1㎝幅の斜め切りにする。フライパンにオリーブオイル入れて火にかけ、茄子をソテーする。


【5】

A)の材料を合わせ、4に回しかけすぐに火を止め、バットに上げる。

【6】

サラダチキンに大きさを揃えた大葉、茄子を重ね、半分に切る。

★調理のコツ・ポイント★

タカラ「料理のための清酒」の分量の目安は鶏むね肉1枚(200g)に1/2カップ(100ml)です。
盛り付けのポイントは、6の工程で半分に切った後、少しずらしながらお皿に並べると見映えよく仕上がります。

レシピ制作者

木村通子

木村通子:お料理サロン☆エトワール(大阪府 堺市西区 )

■先生のプロフィール

野菜ソムリエプロ ベジフルビューティーアドバイザーの木村通子です。 「簡単なのにオシャレで美味しい」をコン…(全て読む)

■インターネット予約可能なレッスン

2019年 5月21日(火)   タカラ「料理のための清酒」タイアップレッスン♪


ページのトップへ戻る