パパと子供が作れる簡単雛祭りちらし寿司のレシピ、作り方(伊藤よしき)

クスパ > クスパ レシピ > ご飯もの > 寿司 > ちらし寿司 > パパと子供が作れる簡単雛祭りちらし寿司

クスパ レシピ

パパと子供が作れる簡単雛祭りちらし寿司 伊藤よしき先生

印刷する

4歳の子供と、料理の苦手なパパ(主人)が実際に作ったちらし寿司です。
可能な限り余分な手間を省き、仕事帰りのパパでも作れる、ハードルの低いちらし寿司です。
混ぜる具材によって、四季折々、あらゆるシーンに対応できます。

<材料>  分量:大人3人分(または大人二人+子供二人分)   調理時間:30分(炊飯時間は除く)

基本の酢飯(レシピ参照)
2合分
胡瓜
2本
卵(L)
3個
さくらでんぶ
適宜
もみ海苔
適宜

作り方

【1】

胡瓜2本を縦に切り、種を除く。

【2】

出来る限り薄切りし、ボウルに入れる。塩小さじ1/4を入れざっと混ぜて20分放置。(この薄切り胡瓜は、マカロニサラダやポテトサラダや酢の物にも使えるので、倍量の4本分くらい一気に作ると便利です。)

【3】

胡瓜に塩をしている間に、炒り卵を作ります。ボウルに卵、塩ひとつまみ、砂糖大さじ1を入れて割りほぐします。鍋に大さじ1の油を熱し卵液を流し入れます。火加減は中火。

【4】

箸をたくさん持って、お鍋をグルグルとかき混ぜます。
お鍋の縁のほうから卵液が固まってくるので、端をこそげるようなイメージでひたすらに箸をグルグルグル。


【5】

なるべく細かくできるように頑張りましょう♪出来上がった炒り卵はバットに広げて放冷しておきます。

【6】

20分置いた胡瓜は、これでもかというくらい水気を絞ります。

【7】

基本の酢飯(ほのかにあたたかいくらいの温度が混ぜやすいです)に、絞った胡瓜、胡麻、炒り卵を入れ切るようにまぜます。

【8】

器に酢飯を盛り、桜でんぶともみ海苔を飾ったら完成です♪
奥に映っているマカロニサラダのレシピもUPしておきましたので、よろしければ参考なさって下さい。酢飯に混ぜ込んだ絞り胡瓜を使ったマカロニサラダです。


★調理のコツ・ポイント★

胡瓜はしっかり絞ることが何より大切です。
ちりめんじゃこ、鮭フレークを混ぜ込んでも美味しいです。酢飯の上にイクラや刺身、アボカドなどを乗せるとパーティーにも対応できます。

レシピ制作者

伊藤よしき

伊藤よしき:料理教室 四季(愛知県 長久手市 武蔵塚)

■先生のプロフィール

お野菜大好き、土いじり大好きな元女板前です♪ 東京農業大学卒業後、日本調理師会前会長 田嶋廣氏のもと板前修…(全て読む)

■インターネット予約可能なレッスン

2019年11月30日(土)   地粉と麹を使った、【日本の焼き菓子】レッスン開催します♪


ページのトップへ戻る