しょうがみりんを使った秋刀魚の飴煮のレシピ、作り方(亮さん)

クスパ > クスパ レシピ > 魚介のおかず > さんま > しょうがみりんを使った秋刀魚の飴煮

クスパ レシピ

しょうがみりんを使った秋刀魚の飴煮 亮さん先生

印刷する

1

みりんの優しい甘さと、ぴりっとしょうがのスパイシーさが効いた、ご飯にもお酒のお供にも良い一品です。
一度揚げますが、油は少量しか使わないので無駄も少なくお手軽です。

<材料>  分量:2人分   調理時間:20分

秋刀魚(小さめ)
2尾
漬け地(醤油・酒~
各小さじ2
片栗粉
大さじ1
サラダ油
適宜
しょうがみりん
大さじ3
醤油
大さじ1
銀杏
5~6個
人参
10g
タカラ「国産米100%」本みりん
100ml
しょうが
40g

作り方

【1】

秋刀魚は三枚におろして、食べやすい4等分にし、醤油と酒に5分くらい着けておく。

【2】

銀杏の殻を割り、人参は型で紅葉に抜いて、少ない油で揚げて熱いうちに塩(分量外)を少々ふっておく。

【3】

2が揚がったら、1を軽く拭いてから粉を打ち、揚げる。

【4】

しょうがみりん(しょうがのすりおろしとタカラ本みりんを混ぜ合わせ、8分煮詰めたもの)と醤油を鍋に入れ沸騰してきたら揚げた秋刀魚を入れて絡ませ、揚げておいた野菜とともに盛り付ける。


★調理のコツ・ポイント★

銀杏は火が入ると自然に薄皮はむけます。ほかに添える野菜として、零余子やいちょうに抜いたサツマイモなども良いですね。

レシピ制作者

亮さん

亮さん:温石会(神奈川県 横浜市中区 海岸通)

■先生のプロフィール

温石会主宰。利き酒師、日本酒学講師、酒匠、SSI専属テイスター、焼酎利き酒師。チーズコーディネーター。江戸…(全て読む)

■インターネット予約可能なレッスン

2017年12月 3日(日)   茶懐石実践講座(蕎麦懐石)


ページのトップへ戻る


スタッフイチオシ『体の芯からあったか♡スープレシピ』