色どり野菜のソイバーニャカウダーのレシピ、作り方(前川 朋香 (Tomoka Maegawa))

クスパ > クスパ レシピ > 調味料・ドレッシング > その他 > 色どり野菜のソイバーニャカウダー

クスパ レシピ

色どり野菜のソイバーニャカウダー 前川 朋香 (Tomoka Maegawa)先生

印刷する

【ビクトリノックス ペティーナイフ使用】
バーニャカウダーを、生クリームを使わず豆乳で作ります。
近頃は珍しい野菜がたくさんあるので、色どり豊かに作ってみました。

【ビクトリノックス×クスパ】コラボ企画vol.8で制作されたレシピです。

<材料>  分量:4人分   調理時間:30分

オリーブオイル
大さじ1
にんにく
1片
アンチョビ(フィレ)
2枚
豆乳クリーム
100ml
葛粉
小さじ1/2強
塩こしょう
適量
好みの野菜
適量

作り方

【1】

にんにくはみじん切りにしておきます。
(ビクトリノックスのぺティーナイフは、ちょっとしたにんにくのみじん切りにも便利)

【2】

アンチョビを細かくしておきます。
(ぺティーナイフは、小さくて小回りがきくので、つぶす、切る、の作業が簡単。

【3】

鍋に、オリーブオイル、みじん切りしたにんにく入れ、火にかけ、炒めます。にんにくの香りがしてきたら、

【4】

アンチョビを加え、(切ったナイフでそのまま鍋に入れられます。)さらにいためます。


【5】

豆乳クリームを加えて混ぜながら熱し、同量の水で溶いた葛粉を入れてとろみがつくまで熱し、塩こしょうで味を調えます。

【6】

ラディッシュの飾り切りはもちろん

【7】

茄子のがくを取ったり

【8】

セロリのすじを取ったり、人参、かぶ、パプリカなど、好みの野菜を切るのにも、ぺティーナイフが大活躍です。


【9】

小さなココットなどにバーニャカウダーを入れ、色どり野菜を盛り付けたら完成です。

★調理のコツ・ポイント★

生野菜だけでなく、蒸したお野菜やパンにつけて召し上がってみて下さい。

豆乳クリームは、通常の無調整豆乳でも代用いただけます。また、生クリームでの代用も可能です。

レシピ制作者

前川 朋香 (Tomoka Maegawa)

前川 朋香 (Tomoka Maegawa):体に優しいお料理教室 Mon four ~モンフール~(兵庫県 南あわじ市松帆塩浜)

■先生のプロフィール

淡路島で、小さなお料理教室を始めました。 手作りの楽しさを伝えたくて・・・。 ふと時間が空いた時、お友達の…(全て読む)


ページのトップへ戻る



クスパからのお知らせ

2019年8月28日

【重要】消費税率に伴うレッスン受講料について

このたび2016年11月28日に施行された法律(平成28年法律第85号及び第86号)に基づき、2019年10月1日から消費税及び地方消費税の税率が8%から10%に引上げられる予定です。つきましては、クスパでも【レッスン受講料】税込統一表記の改定します。
同じレッスンでも9月までの【レッスン受講料】と10月までの【レッスン受講料】に差異が出る場合がございますので、ご了承ください。
(例)10月以降のレッスンを9月中に予約→メールで届いたレッスン受講料が記載されていなかった。
※先生が対応されていない場合もありますので、詳細は先生にお問い合わせください。
※他にも、事前振り込みの場合など詳細は先生にお問い合わせください。
ご不便をおかけしますが、ご理解とご協力のほど、よろしくお願いいたします。
クスパ運営事務局