抹茶あんの渦巻き食パンのレシピ、作り方(前川 朋香 (Tomoka Maegawa))

クスパ > クスパ レシピ > パン > 菓子パン ・おかずパン・蒸しパン > 菓子パン > 抹茶あんの渦巻き食パン

クスパ レシピ

抹茶あんの渦巻き食パン 前川 朋香 (Tomoka Maegawa)先生

印刷する

1

【ビクトリノックス ブレッドナイフ使用】
抹茶あんを生地にのせ、くるくる巻いて食パン型で焼きます。
抹茶が香るほのかに甘いパンです。
そのままでも。表面を少し焼いても。

【ビクトリノックス×クスパ】コラボ企画vol.8で制作されたレシピです。

<材料>  分量:1斤分(食パン型185×95×90)   調理時間:3時間

国産強力粉
250g
白神こだま酵母
5g
甜菜糖
15g
天日塩
2.6g
無塩バター
25g
ぬるま湯(酵母用)
15ml
ぬるま湯(仕込み水)
140~150ml
白あん
70g
抹茶
小さじ1/2

作り方

【1】

ボールに強力粉、甜菜糖、塩を入れて泡立て器で混ぜておきます。そこへ、ぬるま湯(酵母用)で溶かしておいた白神こだま酵母とぬるま湯(仕込み水)を入れてこねます。
バターを加えて、さらにこねます。

【2】

まとまったら台の上に出し5分ほどこねてまとめます。
ボールをかぶせて5分おきます。(相談タイム:生地の状態を見ながら休ませる)

【3】

さらに机の上で10分ほどこね、3分の1量(約140g)に抹茶を混ぜておく。生地がなめらかになったら、まるめてとじめを下にしてボールに入れます。
30℃で、1次発酵50~60分。

【4】

約2倍の大きさになったら、フィンガーテスト、ガス抜きし、それぞれの生地を2等分しておきます。


【5】

まるめ直してベンチタイム10分とります。

【6】

それぞれの生地を12㎝×25㎝程度に伸ばし、

【7】

生地の上に抹茶生地をのせ、端を残して白あんの半量を伸ばし、その上に白い生地、抹茶生地、残りの白あん…と重ね、

【8】

手前からくるくる巻き、とじめを下にしてバター(分量外)を塗った型に入れます。
30℃で、2次発酵 60分~。


【9】

型の8割程度になったら、ふたをして、
190度に予熱したオーブンで、19~22分焼く。

★調理のコツ・ポイント★

生地に抹茶あんをのせるときに、生地からはみ出さない様に注意しましょう。
幅は、型より小さい方が、型に入れるとき、入れやすいです。

レシピ制作者

前川 朋香 (Tomoka Maegawa)

前川 朋香 (Tomoka Maegawa):体に優しいお料理教室 Mon four ~モンフール~(兵庫県 南あわじ市松帆塩浜)

■先生のプロフィール

淡路島で、小さなお料理教室を始めました。 手作りの楽しさを伝えたくて・・・。 ふと時間が空いた時、お友達の…(全て読む)


ページのトップへ戻る