バジルガーリック*レシピと保存方法のレシピ、作り方(キッチンママ)

クスパ > クスパ レシピ > 調味料・ドレッシング > 万能タレ・ソース > バジルガーリック*レシピと保存方法

クスパ レシピ

バジルガーリック*レシピと保存方法 キッチンママ先生

印刷する

19

フレッシュなバジルをたっぷり使ってハーブバターを作りました。
そのままパンにつけて食べるだけけでなく、お野菜、キノコ、お肉、お魚、パスタ、などなど・・・お料理にも幅広く使える万能選手です。

たくさん収穫(購入)した日にたくさん作って冷凍ストックしておけば、半年は楽しめますよ。

<材料>  分量:20g×20~25個   調理時間:20分(冷やす時間を除く)

スイートバジル
30g
バター
200g
レモン果汁
小さじ2
すりおろしニンニク
大さじ1.5~2
ガーリックパウダー
大さじ1.5~2
 ☆無塩バターの場合
塩3g

作り方

【1】

【作り方】
バジルは灰汁の強い蕾や花の部分はのぞいて小さく刻む

【2】

刻んだバジルをボールに入れ、灰汁止めのレモン果汁を加えて混ぜる

【3】

そこに、柔らかくなったバター、すりおろしニンニク、ガーリックパウダー、塩を加え

【4】

よく混ぜ合わせれば「バジルガーリック」の完成です


【5】

【保存方法】
出来あがった「バジルガーリック」を保存する場合は、ラップで包んで一旦冷蔵庫で冷やし固めてから

【6】

1回分ずつ小分けに(15~20g)カットして保存袋に入れて冷凍すれば、半年くらいは持ちます。

★調理のコツ・ポイント★

このバジルガーリックを使って、
キノコや野菜を炒めたり、パスタを和えたり、
蒸したじゃがいもに添えたり、チキンや白身魚をソテーしたり・・・
使い方は無限ですのでぜひご利用ください。

冷凍ではなく冷蔵保存の場合どうしてもバジルの色が悪くなるので
1度解凍したハーブバターは出来るだけ早く使ってくださいね
(色が変わっても味は問題ありません)

レシピ制作者

キッチンママ

キッチンママ:手捏ねパン教室 epi-repi(兵庫県 西宮市 門戸西町)

■先生のプロフィール

短大の食物栄養科卒業後、栄養士として総合病院に勤務。その後病院を退職し26歳で大阪あべの辻製菓専門学校に入…(全て読む)

■インターネット予約可能なレッスン

2019年 9月26日(木)   クロッカン・ココナッツオレンジ・クランベリーノア


ページのトップへ戻る



クスパからのお知らせ

2019年8月28日

【重要】消費税率に伴うレッスン受講料について

このたび2016年11月28日に施行された法律(平成28年法律第85号及び第86号)に基づき、2019年10月1日から消費税及び地方消費税の税率が8%から10%に引上げられる予定です。つきましては、クスパでも【レッスン受講料】税込統一表記の改定します。
同じレッスンでも9月までの【レッスン受講料】と10月までの【レッスン受講料】に差異が出る場合がございますので、ご了承ください。
(例)10月以降のレッスンを9月中に予約→メールで届いたレッスン受講料が記載されていなかった。
※先生が対応されていない場合もありますので、詳細は先生にお問い合わせください。
※他にも、事前振り込みの場合など詳細は先生にお問い合わせください。
ご不便をおかけしますが、ご理解とご協力のほど、よろしくお願いいたします。
クスパ運営事務局