★お雑煮★しっかりおだしで関西風薄味仕上げ♪のレシピ、作り方(緒方 亜希野)

クスパ > クスパ レシピ > シチュー・スープ・汁物 > その他 > ★お雑煮★しっかりおだしで関西風薄味仕上げ♪

クスパ レシピ

★お雑煮★しっかりおだしで関西風薄味仕上げ♪ 緒方 亜希野先生

印刷する

15

新年明けましておめでとうございます♪

本年も当教室をよろしくお願いいたします<(_ _)>
新年といえばお雑煮をいただくのが楽しみ。我が家では元旦におすまし、翌日は白みそをいただきます。

<材料>  分量:4人分   調理時間:40分

かつお昆布だし
1リットル
鶏もも肉
1/2枚
大根
7~8m分
ごぼう、にんじん
各1/2本
角もち
4個
薄口しょうゆ
大さじ2
みりん
しょうしょう
いくら、ゆずの皮、三つ葉
少々

作り方

【1】

<かつお昆布だし>
2リットルの水を鍋に入れ、10cm角の昆布を加えて弱火にかけます。沸騰直前に取り出し、厚削りかつおぶしをひとつかみ(約30g)加え、あくを取りながら7~8分煮出します。 

【2】

鶏もも肉は、ひとくち大に切り、酒・塩少々をもみこむ。

【3】

大根、にんじん、ごぼうは短冊切りにして下茹でする。

【4】

角もちは、グリルでこんがりと焼く。


【5】

だしを煮立て、鶏もも肉を煮る。7~8分炊いて柔らかくなったら、薄口しょうゆとみりんで調味する。

【6】

下ゆでした野菜を加えてあたためる。お椀に汁を少し張り、もちを入れ、具と汁をたっぷりよそう。

【7】

いくら、ゆずの皮、三つ葉をのせ、ふたをして食卓へ。

★調理のコツ・ポイント★

我が家では、野菜の下ゆで、鶏の下味、だしの準備を前日までにしておきます。元旦は気持ちに余裕をもって、おもちを焼くだけで、お雑煮の出来上がり。

お椀にすこし汁を張ると、器にくっつきません。

レシピ制作者

緒方 亜希野

緒方 亜希野:たけひめKitchen(奈良県 生駒市 壱分町)

■先生のプロフィール

甲南女子大学英文学科卒 大学卒業後、スイス・ローザンヌに本社を置く宝飾メーカーに勤務。 2004年ハッ…(全て読む)


ページのトップへ戻る