★パリ風ケイクサレのラッピングの仕方★のレシピ、作り方(緒方 亜希野)

クスパアワード2020とは?
1年で最も支持を集めた料理教室の先生を発表するクスパアワード。2020年も、ユーザー様からの投票数・クチコミ数・アクセス数などを総合的に審査し、満足度が高かった教室を表彰する予定です。
2020年に参加した料理教室のなかで、もっとも満足度の高い教室を「クスパアワード2020 この教室に投票する」ボタンより、ご投票をお願いいたします。
なお、投票はお1人様1教室しかできません。不正があった場合は無効票となります。
投票期間:2020年12月1日(火)~2021年1月5日(火)
×
2020年一番満足度の高い教室は?クスパアワード投票受付中!

クスパ > クスパ レシピ > お菓子 > パウンドケーキ・ケークサレ > ケークサレ > ★パリ風ケイクサレのラッピングの仕方★

クスパ レシピ

★パリ風ケイクサレのラッピングの仕方★ 緒方 亜希野先生

印刷する

8

おもたせに便利なラッピング方法!ケイクサレには、ある程度通気性があるこのラッピングが適しています。パリのお菓子屋さんではパウンドケーキもこんな感じ。

<材料>  分量:ケイクサレかパウンド1本   調理時間:5分

ケイクサレ(パウンドケーキ)
1本
オーブンペーパー
1枚
リボン
1本

作り方

【1】

ケイクサレがすっぽり包める大きさに、オーブンシートをカット。

【2】

ケイクサレを包む。

【3】

サイドの紙をケイクサレの側面に沿って下ろす。

【4】

両サイドから折り込み、


【5】

残った紙を下に折り込む。

【6】

もう片方も同じように折り込む。

【7】

リボンを一周させ、

【8】

交差させて安定させる。


【9】

リボンを結んで完成!

★調理のコツ・ポイント★

テープなしでしっかり止まる、合理的な方法。リボンを取って包みを開けると、そのまま包丁でカットできて、周りを汚さないのも嬉しいポイント。
是非お試しください♪

レシピ制作者

緒方 亜希野

緒方 亜希野:たけひめKitchen(奈良県 生駒市 壱分町)

■先生のプロフィール

甲南女子大学英文学科卒 大学卒業後、スイス・ローザンヌに本社を置く宝飾メーカーに勤務。 2004年ハッ…(全て読む)


ページのトップへ戻る



クスパからのお知らせ

2020年12月1日

毎年恒例のクスパアワードの投票がスタートしました!!
毎年ユーザー様から投票数・アクセス数・クチコミ数・アクセス数等から総合的に審査し、満足度が高かった教室を表彰します!

【投票受付期間】
2020年12月1日(火)~2021年1月5日(火)23:59