林檎の簡単ケーキのレシピ、作り方(楓)

クスパ > クスパ レシピ > お菓子 > クッキー・スコーン > その他 > 林檎の簡単ケーキ

クスパ レシピ

林檎の簡単ケーキ 楓先生

印刷する

20

お子さんでも作れる簡単さ!
成形や分量で、ケーキにも、コブラーにもなるクッキーとケーキのあいのこのようなアップルのお菓子です。

<材料>  分量:18cm型1台+パイ皿1台分   調理時間:60分

バター(無塩でも有塩でもOK)
125g
全卵
65g
砂糖
125g
薄力粉
250g
林檎
2個
砂糖・シナモン・レモン汁
お好みで適量

作り方

【1】

バターを全ての材料が入ることを考えた大きめのガラスボウルなどに入れ、電子レンジで溶かします。
電気オーブンは180℃で予熱を始めましょう。

【2】

林檎を、小さめのイチョウ切りや、1cm角位の角切りにします。好みで、砂糖やシナモン、レモン汁をまぶしても構いません。
バターの粗熱が取れたら、卵を全量加え、混ぜます。

【3】

砂糖を加え混ぜ、薄力粉を加え混ぜます。どちらもいっぺんに加えてしまっても大丈夫です。

【4】

少し柔らかめのクッキー生地のように均一になったら、3等分します。1つは18cmケーキ型に敷き詰めましょう。指でぺとぺとならしていく要領で大丈夫です。


【5】

林檎を2等分して、ケーキ型のクッキー生地の上と、何も入っていないパイ皿に敷き詰めます。綺麗に並べずとも、ドドドッと入れてしまって大体均一になるように敷き詰めればOKです。

【6】

パイ皿と、ケーキ型の林檎の上に、残っているクッキー生地1/3ずつを被せてゆきます。少し林檎が見えてしまっていても大丈夫。

【7】

オーブンに入れて焼きます。電気なら180℃、ガスなら160~170℃で40~45分です。

【8】

パイ皿の方はアツアツで、クッキー生地のサクサクと林檎のジューシーを味わうのがお勧め。ケーキ型の方は、日が経って、しっとりしてきたものを食べるのも良いですよ♪


★調理のコツ・ポイント★

林檎に限らず、ドライフルーツ、ナッツ、あん、その他、クッキーに合う物でしたらなんでも入れられると思います。
とても簡単なので、お子さんと一緒に作ってもOK☆

レシピ制作者

楓

楓:Atelier m2(アトリエ・メトゥル・キャレ)(神奈川県 横浜市泉区 弥生台)

■先生のプロフィール

プロ用機材ではなく 一般家庭の設備で いかに美味しくパンを焼くかを教えます 現在はリクエスト制 夏から月固…(全て読む)

■インターネット予約可能なレッスン

2019年 7月25日(木)   7月のレッスン


ページのトップへ戻る