やわらか苺大福のレシピ、作り方(中村 京子)

クスパアワード2020とは?
1年で最も支持を集めた料理教室の先生を発表するクスパアワード。2020年も、ユーザー様からの投票数・クチコミ数・アクセス数などを総合的に審査し、満足度が高かった教室を表彰する予定です。
2020年に参加した料理教室のなかで、もっとも満足度の高い教室を「クスパアワード2020 この教室に投票する」ボタンより、ご投票をお願いいたします。
なお、投票はお1人様1教室しかできません。不正があった場合は無効票となります。
投票期間:2020年12月1日(火)~2021年1月5日(火)
×
2020年一番満足度の高い教室は?クスパアワード投票受付中!

クスパ > クスパ レシピ > お菓子 > 和菓子 > 大福 > やわらか苺大福

クスパ レシピ

やわらか苺大福 中村 京子先生

印刷する

28

柔らかい求肥の苺大福です

<材料>  分量:8個分   調理時間:20分

白玉粉
100g
砂糖
30g
130g
あんこ
200g
8個
片栗粉
適量

作り方

【1】

あんこで苺を包んでおく

【2】

白玉粉、砂糖、水を耐熱容器に入れゴムベラで白玉粉のつぶつぶをなくすように混ぜる どろどろの状態になったら、電子レンジ500Wで2分30秒加熱する

【3】

加熱後、まだ水分が残っているのでゴムベラで均一になるように混ぜる すりこぎとゴムベラを水で濡らし5分ほど餅をつくように求肥をつきます 求肥がつきやすいので、時々すりこぎとゴムベラを水で濡らしてください

【4】

片栗粉をバットにまんべんなく広げ、そこに求肥をのせうえに片栗粉をまぶし手で求肥を広げ、スケッパーで8等分にする


【5】

手に片栗粉を付け求肥を少し広げ苺を包む 包み終わったら、バットのうえで形を整える

★調理のコツ・ポイント★

求肥をつく事で、お餅のようにとても柔らかくなり、包むのも簡単になります

レシピ制作者

中村 京子

中村 京子:N’s Kitchen(神奈川県 綾瀬市 深谷中)

■先生のプロフィール

3年半料理教室のパン講師を務め、2009年7月から 自宅でパンとお菓子の教室を開催(全て読む)

■ネット予約可能なレッスン

2020年12月 5日(土)   パンレッスン


ページのトップへ戻る



クスパからのお知らせ

2020年12月1日

毎年恒例のクスパアワードの投票がスタートしました!!
毎年ユーザー様から投票数・アクセス数・クチコミ数・アクセス数等から総合的に審査し、満足度が高かった教室を表彰します!

【投票受付期間】
2020年12月1日(火)~2021年1月5日(火)23:59