イースターの卵料理 デビルドエッグのレシピ、作り方(Satomi Maeda)

クスパアワード2020とは?
1年で最も支持を集めた料理教室の先生を発表するクスパアワード。2020年も、ユーザー様からの投票数・クチコミ数・アクセス数などを総合的に審査し、満足度が高かった教室を表彰する予定です。
2020年に参加した料理教室のなかで、もっとも満足度の高い教室を「クスパアワード2020 この教室に投票する」ボタンより、ご投票をお願いいたします。
なお、投票はお1人様1教室しかできません。不正があった場合は無効票となります。
投票期間:2020年12月1日(火)~2021年1月5日(火)
×
2020年一番満足度の高い教室は?クスパアワード投票受付中!

クスパ > クスパ レシピ > 卵のおかず > その他 > イースターの卵料理 デビルドエッグ

クスパ レシピ

イースターの卵料理 デビルドエッグ Satomi Maeda先生

印刷する

1

イースターに食べられる卵料理をご紹介します。
茹で卵を使って簡単に作ることができます。
黄身はアンチョビと合わせてソースにし、白身の器に戻します。
コース料理の前菜やパーティ料理の一品におすすめです。

<材料>  分量:4個分   調理時間:20分

2個
アンチョビ
6g
玉ねぎ
5g
マヨネーズ
10g
粒マスタード
2g
イクラ
適量
ディル
適量

作り方

【1】

茹で卵をつくり、冷めたら殻をむき縦半分にカットします。

【2】

黄身を取り出しボウルに入れ、アンチョビのみじん切り、玉ねぎのみじん切り、マヨネーズ、粒マスタードと一緒に合えます。

【3】

スプーンで白身に盛り付け、上にイクラとディルを飾ります。

★調理のコツ・ポイント★

今回はアンチョビとイクラ、ディルを使って大人向けに作りましたが、お子様向けには、アンチョビの代わりにツナを使ったり、イクラの代わりにハムやきゅうりの飾り切りをのせてもかわいく仕上がります。

レシピ制作者

Satomi Maeda

Satomi Maeda:プロの理論を基にレシピ開発まで学ぶ【パン教室アラファリーヌ】(大阪府 大阪市北区 天神橋3丁目)

■先生のプロフィール

□パンレシピ開発アドバイザー □特級パン製造技能士 □管理栄養士 パンと料理の仕事に携わって20年。主に…(全て読む)


ページのトップへ戻る



クスパからのお知らせ

2020年12月1日

毎年恒例のクスパアワードの投票がスタートしました!!
毎年ユーザー様から投票数・アクセス数・クチコミ数・アクセス数等から総合的に審査し、満足度が高かった教室を表彰します!

【投票受付期間】
2020年12月1日(火)~2021年1月5日(火)23:59