さばの香味焼きのレシピ、作り方(榊原恵子)

クスパアワード2018とは?
1年で最も支持を集めた料理教室の先生を発表するクスパアワード。2018年も、ユーザー様からの投票数・クチコミ数・アクセス数などを総合的に審査し、満足度が高かった教室を表彰する予定です。
2018年に参加した料理教室のなかで、もっとも満足度の高い教室を「クスパアワード2018 この教室に投票する」ボタンより、ご投票をお願いいたします。
なお、投票はお1人様1教室しかできません。不正があった場合は無効票となります。
投票期間:2018年12月7日(金)~2019年1月7日(月)
×
2018年一番満足度の高い教室は?クスパアワード投票受付中!

クスパ > クスパ レシピ > 魚介のおかず > さば > さばの香味焼き

クスパ レシピ

さばの香味焼き 榊原恵子先生

印刷する

2

生のさばに、しょうがとカレー味をつけてカリッと焼きました。
みりんの甘さとしょうゆの香ばしさが相まって、青魚が苦手な人や子どもにも食べやすいです。

<材料>  分量:2人分   調理時間:15分

生鯖(三枚おろし)
半身分
大さじ1/2
パプリカ(赤や黄)
1/4個
いんげん
3本
小麦粉
小さじ1
カレー粉
小さじ1/2
A)しょうがみりん
大さじ1
A)醤油
大さじ1/2
A)水
大さじ3
なたね油
大さじ1

作り方

【1】

さばに酒を振り5分おく。
水気を取り、6等分のそぎ切りにする。

【2】

パプリカは2×3㎝角、いんげんは3㎝長さに切る。
さっとゆでておく。

【3】

1の鯖に、小麦粉とカレー粉を合わせてまぶす。
フライパンに油を入れて温め、鯖を両面きつね色に焼く。
(弱火で片面2分程)

【4】

A)を合わせて鯖にまわしかけ、すぐ火を止める。
皿に鯖を盛りつけ、野菜を添える。
*しょうがみりん
(すりおろししょうがとみりんを合わせて煮詰めたもの)


★調理のコツ・ポイント★

野菜はさっと(沸騰した湯に入れ、10秒ほど)ゆでてザルに取り冷ますと水っぽくならず色もきれいです。
さばに粉類をまぶすのは、焼く直前にするとべたつかずカリッと焼き上がります。
添えの野菜はピーマン、ミニトマト、レタスなどあるもので代用可。

レシピ制作者

榊原恵子

榊原恵子:ひだまり茶会(東京都 葛飾区 南水元)

■先生のプロフィール

家族の病気をきっかけに食の大切さを感じ、食の仕事に就く。 料理講師歴20年の後、体に良い食の研究をしながら…(全て読む)

■インターネット予約可能なレッスン

2019年 1月18日(金)   「手前みそを楽しむ会」黒豆でみそ作り×みそ玉作りを楽しもう!


ページのトップへ戻る



クスパからのお知らせ

2018年12月3日

【重要】利用規約の変更について

いつもクスパをご利用いただきまして、ありがとうございます。
12/3に利用規約を改訂しました。ご確認ください。