アンチエイジングに 蓮の実の紅豆沙(あずき汁粉)のレシピ、作り方(須崎 桂子)

クスパ > クスパ レシピ > その他 > マクロビ・薬膳・ローフード > 薬膳 > アンチエイジングに 蓮の実の紅豆沙(あずき汁粉)

クスパ レシピ

アンチエイジングに 蓮の実の紅豆沙(あずき汁粉) 須崎 桂子先生

印刷する

1

若さをたくわえる冬の季節薬膳♪
蓮の実は若々しさの鍵となる「腎」をサポートするので、アンチエイジングにお勧めの薬膳素材です。寒さで若々しさのモトが漏れ出るのを防ぐ働きがあるので冬の食養生にも。相性の良い小豆と香港スイーツ風に仕上げました☆

<材料>  分量:4人分   調理時間:2時間(浸水時間を除く)

◎蓮の実
35g
◎熱湯
200ml
小豆
500g
2000ml
粗糖(100gX3)
300g
挿し水
500ml
焼餅・枸杞の実・柚子皮
適宜

作り方

【1】

◎を2~3時間浸して柔らかくなったら、蓮の実の中に芽があるか確認して取り除く。

【2】

小豆を洗って水とともに圧力鍋に入れ、15分程度加熱して柔らかくする。

【3】

蓮の実と3分の1の粗糖(100g)を加えて、30分とろ火で煮る。火を止めて30分放置する。これをあと2回繰り返す。

【4】

水分量が少なくなったら、少しずつ挿し水をする。


【5】

蓮の実がほくほくする程度に柔らかくなったら出来上がり。そのまま供するか、焼餅、戻した枸杞の実、柚子皮などを添えても(盛り付け例を参照)美味しく頂ける。

★調理のコツ・ポイント★

♡圧力鍋を使わない場合は、小豆と水を一晩浸水させて、時間をかけてことこと煮てください。
♡蓮の実がない場合は、甘栗を利用してもアンチエイジングの薬膳となり、美味しいです。
『ナチュラル薬膳生活入門編』収渋類 蓮の実 p.202 参照

レシピ制作者

須崎 桂子

須崎 桂子:オトナ女子の本格薬膳教室「ナチュラル薬膳生活カレッジ柏本校」(千葉県 柏市 明原)

■先生のプロフィール

薬膳講師の須崎桂子(ニックネームは「けいてぃー」)です。海外留学や世界中の美味しいモノが集まる香港で仕事を…(全て読む)


ページのトップへ戻る