お通じスッキリに こんにゃくのレモン味噌だれのレシピ、作り方(須崎 桂子)

クスパ > クスパ レシピ > 海藻・こんにゃく・春雨料理 > こんにゃく・しらたき > こんにゃく > お通じスッキリに こんにゃくのレモン味噌だれ

クスパ レシピ

お通じスッキリに こんにゃくのレモン味噌だれ 須崎 桂子先生

印刷する

1

お通じを促す薬膳♪
薬膳素材で「魔芋」と呼ばれる「こんにゃく」を使って、ハロウインの夕餉にお通じ改善の魔女薬膳を楽しみました🎃おかげさまで翌朝スッキリ^^但し、こんにゃくは冷やして解毒するので、冷え症さんなら温かく供するなど工夫して☆

<材料>  分量:4人分   調理時間:30分

こんにゃく
400g
◎八丁味噌
大1
◎日本酒
大1
◎甜菜糖
小2
◎水
大1
レモン汁
大1
レモンの皮の千切り
少々

作り方

【1】

こんにゃくを短冊切りにして、中心に縦長の切り目を入れる。

【2】

短冊の短い辺を切り目に入れてくぐらせ、ねじり短冊にする。

【3】

分量外の水とともに厚手鍋に入れ、加熱して15分程度茹で、あく抜きする。(写真には別レシピで使用するための、ちぎったこんにゃくが混在。)

【4】

ざるに上げて湯を切り、鍋で15分くらい弱火から中火で乾煎り(からいり)し続ける。こんにゃくの水分が十分に飛ぶと、「きゅうきゅ~う、ぶりぶり♪」っと音がして来る。(写真には別レシピで使用するための、ちぎったこんにゃくが混在。)


【5】

こんにゃくを器に盛る

【6】

◎を小鍋に入れゆるく加熱してアルコールを飛ばす。

【7】

粗熱がとれたらレモンのしぼり汁を加えて、レモン味噌だれに仕上げる。

【8】

こんにゃくのうえにレモン味噌だれをかけ、レモン皮の千切りを散らして供する。


★調理のコツ・ポイント★

♡こんにゃくはしっかり乾煎りすると、おいしく仕上がります
♡冷えが気になる方は、味噌だれに生姜汁を少々加えるとよいでしょう。
♡レモンを柚子やすだちなどに変えてもおいしいです。
『ナチュラル薬膳生活入門編』清熱類 こんにゃくp.90参照

レシピ制作者

須崎 桂子

須崎 桂子:オトナ女子の本格薬膳教室「ナチュラル薬膳生活カレッジ柏本校」(千葉県 柏市 明原)

■先生のプロフィール

薬膳講師の須崎桂子(ニックネームは「けいてぃー」)です。海外留学や世界中の美味しいモノが集まる香港で仕事を…(全て読む)


ページのトップへ戻る