鱈の南禅寺蒸しのレシピ、作り方(高見 牧子)

クスパ > クスパ レシピ > 卵のおかず > 茶碗蒸し・卵豆腐 > 茶碗蒸し > 鱈の南禅寺蒸し

クスパ レシピ

鱈の南禅寺蒸し 高見 牧子先生

印刷する

3

南禅寺蒸しとはお豆腐を生地に混ぜた茶碗蒸しのこと。
優しい風味の中にも豆腐の旨みが感じられます。銀餡をかけて喉越し良く召し上がっていただけます

<材料>  分量:4人分   調理時間:30分

タラ(下処理をして4等分に分ける)
1~2切れ
しめじ
1/4パック
絹豆腐(水きりをする)
1/2丁
2個
A:出汁 
200cc
A:薄口しょうゆ
小さじ2
A:みりん
大さじ1
A:塩
ふたつまみ
~餡~
4人分
出汁
100cc
薄口しょうゆ
小さじ1
みりん
大さじ1/2
ひとつまみ
片栗粉(同量の水でとく)
小さじ2
三つ葉
適宜

作り方

【1】

豆腐と卵をあたり鉢する→Aの調味料を加えて混ぜ合わせ、こす

【2】

器にタラ、しめじ、三つ葉を入れ、①の卵液を流し入れる

【3】

沸騰した蒸し器に③を入れふきんでかぶせ蓋をして強火で2分、弱火で14分蒸す

【4】

鍋に餡の調味料を入れ火にかけ、片栗粉でとろみをつける→蒸しあがった茶碗蒸しにかける


★調理のコツ・ポイント★

卵と豆腐をフードプロセッサーで混ぜ合わせると泡立ちすぎるので、すり鉢を使うことをお勧めします

レシピ制作者

高見 牧子

高見 牧子:家族とキッズのための料理教室Omoiyari-kitchen(東京都 国分寺市 東恋ケ窪)

■先生のプロフィール

【クスパ公認インスタアンバサダー】【生活百科 東京おすすめ料理教室9選】 税理士・ファイナンシャルプランナ…(全て読む)

■ネット予約可能なレッスン

2020年10月27日(火)   【パン】第2弾☆高加水バゲット


ページのトップへ戻る