黒ごま食パンのレシピ、作り方(福田真理子)

クスパ > クスパ レシピ > パン > 食パン > 黒ごま食パン

クスパ レシピ

黒ごま食パン 福田真理子先生

印刷する

2

【ビクトリノックス SC ブレッドナイフ使用】
黒ごまがマーブル状に混ざった食パンです。
SC ブレッドナイフは抜群の切れ味なので黒ごま食パンをスライスすると
大理石のような美しいカット面が現れます。

【ビクトリノックス×クスパ】コラボ企画vol.5で制作されたレシピです。

<材料>  分量:1.8斤食パンケース1本分   調理時間:約30分(発酵、焼成時間を除いて)

強力粉
350g
イースト
7g
砂糖
18g
7g
無塩バター
18g
牛乳
105g
160g
黒すりごま
60g

作り方

【1】

パンのニーダー又はホームベーカリーに強力粉、イースト、砂糖、塩を混ぜ合わせ、分量の牛乳と水で捏ね始めます。
捏ねスタートから5分後にバターを入れてさらに15分程度捏ねます。

【2】

パン生地が捏ね上がったら、生地を大きなバットに広げ、その上にすりごまをのせてカードで切っては重ねる。
これを繰り返して生地にゴマがザックリ混ざれば良い。
混ぜ過ぎると香りが出ないのでマーブル状に混ざった時点で止める。

【3】

生地を軽くまとめて乾かないようにフタをして、30℃で40分〜50分一次発酵させる。( 生地の捏ね上げ温度によって発酵時間が変わります)

【4】

発酵後生地を360g×2個に分割して丸め、20分程ベンチタイムを取ります。
ベンチタイム後食パンの成型で丸めて中型ケースに入れて二次発酵させます。


【5】

生地が型の8〜9割ほどになったところでフタをして180℃に予熱したオーブンで35分焼成します。
山型食パンにする場合は、ケースの縁から1〜2cmでた所で35分焼成します。

【6】

焼き上がったらオーブンから出してすぐにフタを取り、型を台に軽く打ち付けてからパンを取出します。
パンが完全に冷めてから用途に合わせてビクトリノックスの ブレッドナイフでスライスします。

★調理のコツ・ポイント★

季節に合わせて仕込み水の温度を調整してください。(捏ね上げの温度が28℃くらいが理想的です)
黒ごまは混ぜ過ぎない方が風味が良く、見た目も良いパンができます。

レシピ制作者

福田真理子

福田真理子:パン・ お菓子教室ココット(東京都 日野市 新井)

■先生のプロフィール

短大食物栄養学科卒業、栄養士資格取得。 企業に入社して総務、広報に従事。この間も余暇に趣味のお菓子作りを継…(全て読む)


ページのトップへ戻る



クスパからのお知らせ

2019年7月8日

【お知らせ】教室ページ一部表示変更に関して

お世話になっております。クスパ運営事務局です。

クスパのサイトはより皆さまに快適にお使いいただけるように、本日よりサイト内を一部変更させて頂きました。

■【先生の教室ページ】につきまして、見た目が変わりました!

■先生の教室下部にある【アクションボタン】が変更されました。
お気に入りから→フォロー、シェアボタン、問い合わせ、レッスン予約となっております。

変更に伴い、ご不便あるかと思いますが
何卒よろしくお願いいたします。


関連リンク

種類
パン > 食パン