牛筋の洋風煮込みのレシピ、作り方(jun-kino)

クスパ > クスパ レシピ > お肉のおかず > 牛肉 > その他 > 牛筋の洋風煮込み

クスパ レシピ

牛筋の洋風煮込み jun-kino先生

印刷する

5

関西では、よく食べられる牛筋を、和風ではなく洋風の煮込みにしてみました。
コラーゲンたっぷりで、とろみをつけるための粉類は一切使っていないので、とてもヘルシーな仕上がりになっていると思います。
パンはもちろん、ご飯とも相性いいですよ☆

<材料>  分量:2人分   調理時間:45分(牛筋の下処理時間含まず)

牛筋(下処理したもの)
100g
玉ねぎ
1/2個
しめじ
1パック
トマト缶(カット)
1/2缶
フォンドボー(オーネ)
1袋
赤ワイン
50cc
ウスターソース
大さじ2
赤ワインヴィネガー
小さじ1
50cc~
バター
10g
砂糖
小さじ1程度
塩・こしょう
適量

作り方

【1】

牛筋は、たっぷりの水を入れ、一度沸騰するまで火にかけ、わいてきたら、ざるにとりだし、きれいに洗う。

【2】

1をもう一度水をたっぷり入れ、火にかけ、わいてきたら弱火にして、牛筋が柔らかくなるまで、煮込む。柔らかくなれば、OK。

【3】

お鍋に、バターをひいて、玉ねぎとしめじを炒める。

【4】

3がしんなりしたら、2の牛筋、トマト缶・フォンドボー・赤ワイン・ウスターソース・赤ワインヴィネガーを入れ、ひたひたになるぐらい水を足す。


【5】

とろみが出てくるまで煮込み、酸味が強いようなら、砂糖を加え、塩・こしょうで味を調える。

★調理のコツ・ポイント★

2の牛筋の下処理の時、日本酒(適量50ccぐらい)を加えたり、しょうがやねぎなどを入れる場合もあります。臭みが取れますが、洋風なので、今回は、日本酒のみで下処理しました。お好みで、使ってみてくださいね。
牛筋は、柔らかくして冷凍保存しておくと、おでんやこんにゃくとの煮込み(神戸では「ぼっかけ」)、カレーなどすぐにお料理できるので便利です。下処理は、まとめてしています。
牛筋を、牛肉の薄切りなどに置き換えていただいてもOKです。
今回は、パンと合わせていますが、ご飯と食べると「ハヤシライス」風です。

レシピ制作者

jun-kino:手ごねパン教室『Smile Bread』(兵庫県 西宮市 段上町)

■先生のプロフィール

結婚後、パンを習い始め、ライセンスを取得。 パン作りの楽しさを伝えたいと、大手料理教室で約4年間、パン講師…(全て読む)


ページのトップへ戻る


スタッフイチオシ『』