肉まんのレシピ、作り方(岡本 由香梨)

クスパ > クスパ レシピ > 生地もの・粉もの > 飲茶・点心 > 肉まん・あんまん類 > 肉まん

クスパ レシピ

肉まん 岡本 由香梨先生

印刷する

10

秋になり、温かいものが恋しいこの季節!
是非、簡単に手作りを♪

<材料>  分量:4個分   調理時間:60分

薄力粉
200g
ドライイースト
2g
砂糖
2g
100g
大1
エバミルク
大1
白菜
50g
0.5g
長ネギ
20g
豚こま肉
80g
生姜
1g
オイスターソース
大1/2
ごま油
小1
醤油
小1

作り方

【1】

《生地》
①ボウルに薄力粉、砂糖、砂糖の上にイーストをのせ

30℃に温めた湯をイーストの上からかけて砂糖とイーストを混ぜる

【2】

②イーストと砂糖が混ざったら、エバミルクと残りの湯を加え

 全体を混ぜ合わせる

 *湯は大さじ2程度残し、状態を見ながら加える

【3】

③生地を捏ね、ひとつにまとまったらオイルを少しずつ加え

さらに捏ねる(10分程度)

【4】

④ボウルに入れ、15分~20分一次発酵する


【5】

⑤発酵したら、ガス抜きをして4等分に分ける

【6】

⑥丸く成型し、濡れたタオル等をかけて2次発酵する。

 *私は濡らしたキッチンペーパーをかけて、上からラップしてます~横着物です。

【7】

《具》
白菜を千切りにし、塩をふりかけて5分程置く。

水分が出るので、しっかりと絞る。


長ネギ、生姜はみじん切り。

豚こま肉は粗く刻む。

【8】

ボウルに調味料を入れ、混ぜ合わせる。

カットした野菜も入れ、混ぜ合わせる。


【9】

《包む》

台と麺棒に打ち粉をし、発酵した生地を丸く伸ばす。

具材が底から溢れないように、中心は少し厚めにする。


具を皮の中心にのせ、ひだになるように包み込む。

【10】

《蒸す》

蒸し器にオーブンペーパーを敷いて、12~15分蒸す。

つまようじを刺して、具から透明の汁が出てればOKです。

★調理のコツ・ポイント★

具材は他にも干しシイタケや筍などを入れても美味しいです。

レシピ制作者

岡本 由香梨

岡本 由香梨:daily kitchen(北海道 札幌市白石区 北郷)

■先生のプロフィール

食物栄養科の短大に通いながら、夜間の調理師学校に通い、食を学びました。 卒業後は病院や施設の栄養士として…(全て読む)

■インターネット予約可能なレッスン

2019年 5月25日(土)   行楽にも、毎日の昼食にも使える!お弁当レッスン


ページのトップへ戻る