チョコとアーモンドのパウンドケーキのレシピ、作り方(武藤ともみ)

クスパ > クスパ レシピ > お菓子 > パウンドケーキ・ケークサレ > パウンドケーキ > チョコとアーモンドのパウンドケーキ

クスパ レシピ

チョコとアーモンドのパウンドケーキ 武藤ともみ先生

印刷する

1

簡単そうだけど、実は奥が深いパウンドケーキ。
シンプルな材料と伝統的な四同割の配合です。
ちょっとしたポイントをおさえるだけで、作った当日よりふわふわしっとり美味しくお召し上がり頂けます。
そして、具材を変えて沢山のアレンジを楽しめます。

<材料>  分量:18×8cm パウンド型 1台分   調理時間:約30分(焼き時間除く)

バター
100g
グラニュー糖
70g
卵黄
2個
薄力粉
100g
ベーキングパウダー
小さじ1
卵白
2個
グラニュー糖
30g
牛乳
15cc
ラム酒
5cc
チョコチップ
30g
アーモンドホール
20g
シロップ
25cc
ラム酒
5cc

作り方

【1】

下準備
材料はすべて室温に戻しておく。
パウンド型に、バターを塗って粉をふるっておくか、敷紙を敷いておく。
アーモンドホールは、電気オーブン170℃7〜10分
(ガスオーブン160℃7〜10分)ローストし、
1cm角にカットしておく。

【2】

ボウルにバターを入れ、ハンドミキサーでクリーム状にほぐし、グラニュー糖を加え、最低3分しっかりと空気を入れながら白っぽくなるまで混ぜる。

【3】

卵黄を加え、混ぜる。(卵白は別のボウルへ)

【4】

メレンゲを作る。卵白をハンドミキサーで混ぜ、羽根にやっと引っかかる位になったら、グラニュー糖の1/2を加え、混ぜる。


【5】

軽くツノがたち、おじぎする固さになったら残りのグラニュー糖を加え、ツノがピンと立つまで混ぜる。

【6】

3の中に、薄力粉とベーキングパウダーを1/3ふるい入れ、切り混ぜる。粉っぽさが少し残る位になったら、5のメレンゲを立て直しながら1/3加え、切り混ぜる。

【7】

マーブル状になったら、薄力粉とベーキングパウダー・メレンゲを6と同様に2回に分けながら加えていく。

【8】

マーブル状になったら、牛乳・ラム酒を加え10回混ぜ、チョコチップ・アーモンドホールの2/3を加え、生地全体にツヤが出るまでしっかり切り混ぜる。


【9】

型に半分生地をいれ、空気抜きをして表面をならし、残りのチョコチップ・アーモンドホールを入れ、残りの生地を加え、空気抜きをする。

【10】

生地の真ん中が弓なりになるように表面を整え、中央に1cmの深さの線を1本引く。

【11】

電気オーブン180℃ 45分前後焼く。(ガスオーブンの場合は、170℃40〜45分)
焼きあがったら、すぐにシロップとラム酒をたっぷりとうつ。

★調理のコツ・ポイント★

バターとグラニュー糖をしっかり混ぜると、ふわふわな仕上がりになります。
最後の混ぜでは、生地にツヤが出て繋がるまで混ぜないと、ボロボロ崩れる原因に。
シロップをたっぷりうつ事で当日からしっとりと食べれます。
翌日以降の、味の変化もぜひ!

レシピ制作者

武藤ともみ

武藤ともみ:お菓子教室 610(東京都 杉並区 阿佐谷北)

■先生のプロフィール

服飾の専門学校を卒業後、アパレル会社で働きながら大手お料理教室に通い、料理・パン・ケーキの師範資格を取得後…(全て読む)

■ネット予約可能なレッスン

2020年11月 8日(日)   アレンジにもぴったり『モンブラン🌰のリースタルト』


お菓子教室 610の最新レシピ


ページのトップへ戻る