エビのラザニアのレシピ、作り方(角之倉真美)

クスパ > クスパ レシピ > パスタ・グラタン > ラザニア > エビのラザニア

クスパ レシピ

エビのラザニア 角之倉真美先生

印刷する

2

【ビクトリノックス シェフナイフ使用】
パーティーにもぴったりのオーブン料理です。魚介の旨みと、やさしいホワイトソースで子供から大人まで楽しんでいただけます。
シェフナイフでエビもほたてもスパッときれいにきれます。

【ビクトリノックス×クスパ】コラボ企画Vol.10で制作されたレシピです。

<材料>  分量:4人分   調理時間:1時間

A 強力粉
100g
A デュラムセモリナ粉
30g
A 卵
1個
A 塩
適量
A オリーブオイル
適量
A 水
適量
B バター(無塩)
20g
B 薄力粉
20g
B 牛乳
250ml
B ブイヨン(野菜)
100ml
B 塩 胡椒
適量
B ほうれん草
100g
殻つきのエビ
150g
ホタテ
100g
ホールトマト
100g
オリーブオイル
適量
パルミジャーノ レッジャーノ
おろして1/2カップ

作り方

【1】

Aの材料でパスタを作る。
ボールに、強力粉、デュラムセモリナ粉、塩を入れて混ぜ、オリーブオイル、卵、適量の水でこねる。しっかりこねてなめらかになったらラップにくるんで休ませる。(最低30分長時間のときは冷蔵庫へ)

【2】

Bの材料でホワイトソースを作る。
片手鍋にバターを溶かして薄力粉を入れる。最初は泡立つが、さらっとしてくるまで焦がさないように炒める。
だまにならないように少しずつ牛乳と、ブイヨンを加えていく。
なめらかになったら塩、胡椒で味を調える。

【3】

ほうれん草は塩茹でして、水にとり、しっかりと絞って細かく切っておく。
2のホワイトソースに混ぜ込む。

【4】

エビは殻から外して2枚にそいで、2cmほどに切っておく。ホタテも同じ大きさに切っておく。
フライパンにオリーブオイルを温め、切ったエビとホタテを炒め、塩、胡椒(分量外)で味を調える。


【5】

エビの殻をフライパンで炒めてつぶしたホールトマトで煮る。
ザルで濾して、殻は捨て、4のエビ、ホタテと一緒にしておく。

【6】

1のパスタをパスタマシンで一番薄く伸ばしていく。
適当な長さに切る。
フライパンにお湯を沸かして、塩(分量外)をしてラザニアを1枚ずつ茹でていく。
茹で上がったら水にとり、布巾で拭いておく。

【7】

耐熱容器にオリーブオイルをぬり、まずはホワイトソースを薄くのばす。
次にラザニアをのせて、またホワイトソース、5のエビとホタテ、最後にすりおろしたパルミジャーノ レッジャーノの順にどんどん重ねていく。この時はみ出た生地は折り畳み作業する。

【8】

最後はパルミジャーノ レッジャーノを多めにひろげて180度に予熱したオーブンで20分焼く。


★調理のコツ・ポイント★

ラザニア生地を重ねるときは端を折ながら重ねるので切るときに大きさは気にしなくて大丈夫です。
市販のラザニア生地を使っても美味しく出来ますが、手打ちならではの薄いミルフィーユのような食感を楽しんでください。

レシピ制作者

角之倉真美

角之倉真美:小さなお料理お教室 ミンニョロ ミンニョラ 花園教室(千葉県 千葉市花見川区 花園)

■先生のプロフィール

共立女子大学食物科卒業後、イタリアに料理留学しレストランだけでなく、多くの家庭料理を学ぶ。帰国後辻クッキン…(全て読む)


ページのトップへ戻る