桜のシフォンケーキのレシピ、作り方(奥野恵子)

クスパ > クスパ レシピ > お菓子 > スポンジケーキ・シフォンケーキ > シフォンケーキ > 桜のシフォンケーキ

クスパ レシピ

桜のシフォンケーキ 奥野恵子先生

印刷する

17

桜の花の塩漬けを使ったやさしいピンクのシフォンケーキ

<材料>  分量:20cm1台   調理時間:1時間

卵白
L6個
グラニュー糖
70g
卵黄
L4個
グラニュー糖
50g
太白胡麻油
80cc
桜の花の塩出しした水
40cc
40cc
薄力粉
120g
紅麹
8g
桜の花の塩漬け
20g

作り方

【1】

卵白でしっとりと艶のあるメレンゲを作る。

【2】

卵黄にグラニュー糖を入れ白っぽくもったりするまでミキサーで泡立てる。

【3】

2に太白胡麻油を糸をひくように垂らしながら泡立て器で混ぜる。

【4】

3に水類を入れ混ぜ、ふるった粉類をいれ混ぜる。


【5】

4にメレンゲを3回に分けて入れる。

【6】

型に生地の1/4ぐらい入れ細かくした桜の花を広げるように散らし、残りの生地も3回ぐらいにわけてその都度桜の花も散らしていく。

【7】

台に型を10回ぐらいトントンと打ち付け、大きな気泡をつぶす。

【8】

180℃のガスオーブンで40分焼成。
焼成後型をさかさまにして冷ます。
冷めたら型から取り出す。


★調理のコツ・ポイント★

1、桜の花の塩漬けは焼成すると色が変色します。
2、桜の葉の塩漬けの方がより桜の香りがするので好みで使い分けてください。
3、桜の花の塩出しは1時間ぐらい。周りにたくさんついた塩はふるい落としてから塩出しし、うすピンクの塩水も利用します。

レシピ制作者

奥野恵子

奥野恵子:天然酵母パン教室「奥ちゃんの手作り工房」(兵庫県 神戸市西区 糀台)

■先生のプロフィール

HMクッキングにて講師資格を取得後、1998年より自宅にてパン教室を始める。 現在、パン・ケーキ・天然酵母…(全て読む)

■インターネット予約可能なレッスン

2019年 8月30日(金)   夏休み子供パン教室「キーマカレーとナン・リングケーキ」


ページのトップへ戻る



クスパからのお知らせ

2019年8月19日

【重要】メンテナンスのお知らせ

いつもクスパをご利用いただき、ありがとうございます。
8月26日(月)1:00~3:00まで、誠に勝手ながら、メンテナンスを行います。
上記時間帯はサイトにアクセスいただけませんのでご注意ください。

※メンテナンス時間はあくまで目安になりますので、長引く可能性がございます。ご了承ください。