カフェモカクリームとラズベリークリームのエクレアのレシピ、作り方(アヤ)

クーポンの取得及び利用について
クーポンは動画レッスン購入後に評価をすると取得できます!
また、取得したクーポンは通常レッスン及び動画レッスンのクスパ決済時に利用可能です。

クーポンが取得可能な動画レッスン特集はこちらから
×
動画レッスンを評価してクーポンをGET!もれなくもらえる100円クーポン配布中!

クスパ > クスパ レシピ > お菓子 > シュークリーム・エクレア > エクレア > カフェモカクリームとラズベリークリームのエクレア

クスパ レシピ

カフェモカクリームとラズベリークリームのエクレア アヤ先生

印刷する

1

今年のバレンタインはスペシャルエクレアです💛サクサクのココア生地には甘さ控えめなカフェモカカスタードクリームにラズベリーを使ったさっぱりしたクリームの2種類を挟みます!苺も入れたスペシャルエクレアです💛

<材料>  分量:8本分   調理時間:100分ぐらい

エクレア生地
8本分
薄力粉
30g
ココアパウダー
5g
少々
無塩バター
30g
62g
80gぐらい(1個~2個)
カフェモカカスタードクリーム
8本分
卵黄
1個
牛乳
100cc
インスタントコーヒー
小さじ2
薄力粉
15g
砂糖
5g
チョコレート
30g
ラズベリークリーム
8本分
ラズベリー(冷凍可)
20g
砂糖
2g
レモン果汁
小さじ1/2
生クリーム
50g
砂糖
4g
4~5個

作り方

【1】

エクレア生地を作る。
バターは5㎜角程に切り室温に戻しておく。卵はよく溶きほぐし室温に戻しておく。粉類は合わせてふるっておく。
200℃に予熱を入れる。絞り袋に口金をセットしておく。

【2】

小鍋に1のバタと水と塩を入れ、火にかけ溶かす。しっかり沸騰させ中心まで白くなったら弱火にし溶けたら火を消す。すぐに1の粉類を入れゴムベラでよく混ぜる。

【3】

火を再びつけ、弱火-中火の間で30秒程、鍋にこすりつけるようにして炒める。火を止める。

【4】

卵を1/3量入れしっかり生地と合わせ混ぜる。卵が入ったら再び卵を少量入れ、生地をゴムベラですくって落とした時に三角形の形になるまで卵を入れていく。(状態によって卵の入れる量は変わります。)


【5】

生地が温かいうちに絞り袋に入れ、シートの上に12センチの長さに絞り出していく。全部絞れたら霧吹きをし、予熱の入ったオーブンに入れ200℃で20分、180℃に下げて20分焼く。扉を開けず5分そのまま放置する。取り出したらクーラーにのせ冷ます。

【6】

カフェモカカスタードクリームを作る。
ボウルに卵黄と砂糖を入れすり混ぜる。薄力粉を振るい入れダマがないように混ぜる。

【7】

沸騰直前まで温めた牛乳にインスタントコーヒーを淹れしっかり溶かす。6のボウルに少しづつ入れその都度よく混ぜる。鍋に入れ、中心部まで沸騰するまで火にかけていく。お皿などにうつし急冷させる。冷えたらコシをきって絞り袋に入れておく。

【8】

ラズベリークリームを作る。
ラズベリーと砂糖を耐熱の容器に入れ600wで1分加熱する。粗熱が取れたらレモン果汁を加えフォークなどで潰しておく。(粗いと絞り出すときに大変です。)


【9】

ボウルに生クリームと砂糖と8のラズベリーを加え8分立てにし、口金をセットした絞り袋に入れて冷やしておく。

【10】

エクレア生地を半分にカットし、7のカフェモカクリームを絞り出し、その上に9のラズベリークリームを絞り出す。間にバランスよくカットした苺を挟み、生地をのせる。

★調理のコツ・ポイント★

エクレア生地の材料は全て室温に戻しておく。
温度も大事なので作業する際にスムーズにいくようにした準備はしっかりしておく。
シートにあらかじめ12㎝の長さがわかるようにしるしをつけておく。
カスタードクリームは焦げやすいので常にかき混ぜる。

レシピ制作者

アヤ

アヤ:Life with cooking(千葉県 柏市 新富町)

■先生のプロフィール

大学を卒業後、料理教室で6年パン・ケーキ・料理の講師を勤める。 出産を機に退社し、現在自宅で料理教室を始…(全て読む)

■ネット予約可能なレッスン

2021年 5月21日(金)   野菜たっぷり!柔らかポッサムにチーズキンパ身体喜ぶ韓国料理


ページのトップへ戻る


スタッフイチオシ『おうちで簡単♪フライパン1つで作れるレシピ』


クスパからのお知らせ

2021年4月26日

フォローしている教室の通知をすぐに受け取れるようになりました。
また教室からのお知らせも通知を受け取れるようになりました。

マイページ→マイメニュー→設定変更→メッセージ受信設定から
教室フォロー通知を【すぐに受け取る】を選び設定してください。