豆乳と黄粉の豆まめケーキのレシピ、作り方(谷 尋子)

クスパ > クスパ レシピ > お菓子 > スポンジケーキ・シフォンケーキ > スポンジケーキ > 豆乳と黄粉の豆まめケーキ

クスパ レシピ

豆乳と黄粉の豆まめケーキ 谷 尋子先生

印刷する

【プレミアム豆乳『濃久里夢(こくりーむ)』を使用】
『濃久里夢』(こくりーむ)を使った和のケーキです。
乳製品とは違う豆乳独特の風味を活かして豆繋がりの黄粉と合わせました。
ノンオイルなのにしっとりとした焼き上がり。
黄粉の香ばしさと鹿の子豆の甘さがアクセントのヘルシーケーキです。

【不二製油×クスパ】コラボ企画で制作されたレシピです。

<材料>  分量:15cmホール型1個   調理時間:40分

薄力粉
90g
黄粉
大さじ2
きび砂糖
70g
3個
濃久里夢
80cc
鹿の子豆
50g
薄力粉
小さじ1

作り方

【1】

薄力粉と黄粉を合わせ、1回振るう。
型にクッキングシートを敷く。
オーブンは170℃に予熱。
鹿の子豆に小さじ1の薄力粉をまぶす。

【2】

卵白に砂糖を2回に分けて入れながらツノがツンと立つまで泡立てる。
低速で1分ゆっくりと回し、泡のキメを整える

【3】

卵黄に豆乳を加え、しっかりと混ぜる。
薄力粉をふるい入れ、低速で粘りが出るまで混ぜる。

【4】

卵黄のボールに卵白を3回に分けて混ぜる。


【5】

生地の1/2を型に流し込み、鹿の子豆の1/2を散らし、残りの生地を流し込む。
型を台の上へトントンと落とし、余分な空気を抜き残りの鹿の子豆を散らし170℃のオーブンの中段に入れ30分焼く。

【6】

竹串を刺して生っぽい生地が付いてこなければOK
焼き上がったら型をトンと落とし空気を抜き型から出して網の上に置く。
濡れ布巾をかけて冷やし、側面の紙をそっと剥がす。

★調理のコツ・ポイント★

卵白はツノが立つまで泡立てたら1分、低速でゆっくりとキメを整えること。
卵白を卵黄のボールに混ぜる時、必ず別の泡立て器で卵白をたて直すこと。
コレを守ればふっくらキメ細かいケーキになります。

レシピ制作者

谷 尋子

谷 尋子:古民家工房kotokoto(徳島県 吉野川市 山川町)

■先生のプロフィール

3人の子供の毎日のおやつ作りから始まって、おうちベーカリーの楽しみをお伝えしたいと思いました。 2009年…(全て読む)

■インターネット予約可能なレッスン

2019年 7月27日(土)   7月のパンレッスン


古民家工房kotokotoの最新レシピ


ページのトップへ戻る