クスパ > 東京都 > 江東区 > COMODO > ブログ記事一覧

最終更新日:2019/6/14

COMODO(東京都江東区)

気取りのない普段着のイタリア料理をみなさんと一緒に楽しみながら作っていきます

この教室のファン:
22人
過去の予約人数:
12人

ricetta della vita

>>ブログを見る

最新のブログ記事

教室を彩るお道具箱 骨抜き
2019/6/5 0:29 UP
今回の道具はイタリア製、ではなく
日本製、合羽橋で購入した骨抜き‼️です!
バッカラマンテカートという、塩漬けのタラ
を水で戻し、牛乳などで煮てペーストにする
続きを読む>>
教室を彩るお道具箱 お玉置き
2019/5/22 18:51 UP
ひさびさにこのシリーズの投稿です。
おたま置今日はは、イタリア語では
poggiamestolo ポッジャメストロと言います。
これは陶器でできていて、裏側はこ…続きを読む>>
やっぱり朝食が大事
2019/5/11 9:37 UP
オリンピックのチケット申込みに
2日がかりで挑み、見事にミッション完了💦
予期せぬ(ていうかなんじゃこりゃ💢な)
web行列‼️
続きを読む>>
時代が変わるということ
2019/4/30 22:06 UP
そろそろ、カウントダウンかしら。
この30年にこれといった感慨とかって、
あるようなないような……
ひとつ言えるのは、
続きを読む>>
耳毛くん
2019/4/26 23:55 UP
みなさまが、読んでくださっているこのブログ、
どんな記事が人気があるのでしょう?
たま〜に、アクセス解析なんかができまして
(利用料が上がっちゃうのでお試しでき…続きを読む>>
深夜のドルチェ
2019/3/16 8:41 UP
集中力を発揮するのは、昔からたいてい、
深夜🌠
起きているのは自分だけ。
シーンと静まり返っているから
続きを読む>>
生徒さんの作品
2019/3/12 19:41 UP
「🍽レッスンメニューを作りましたー!」
というご連絡はいただくことがあるのですが、
熱心な生徒さんから
『ヌテッラ作りましたー(^。^)』
続きを読む>>
イタリア人にきいてみたいピッツァのこと
2019/3/8 19:15 UP
イタリアでは、🍕ピッツァはひとり一枚。
半分ことか、取り分けなんてことはしない。
絶対に。
だから、ピッツェリアで注文する時も
続きを読む>>
緊張する石畳と脳の勘違い
2019/3/7 19:35 UP
足の小指をタンスにぶつけるのは、
自分が頭で思っているより1cmか5cmか5mmか
とにかく誤差があるんだそうです。
いつだったか
続きを読む>>
20000時間
2019/2/27 21:01 UP
リビングの照明が突然
切れた(^_^;;
照明本体だったらユキチが💴飛ぶ〜
と思ったら蛍光灯だけだった。
続きを読む>>
先生情報
Mutsuko
Mutsuko
イタリア料理教室主宰   

元料亭、下宿屋という実家に生まれ、料理は毎日のノルマというありがたい環境で腕を磨く
2003年 イタリア語の学習を始める
2009年 フィレンツェへ留学〜トスカーナを中心とした家庭料理を学ぶ
2010年 ルッカ・イタリア料理学院へ留学〜トスカーナを中心とした伝統料理や郷土料理を学ぶ
その後、料理教室を主宰。定期的にイタリアへ行き、料理研修や料理本のレシピ研究などを行っています

教室からのお知らせ

2018/1/14

1月、2月のメニュー
*白ラグーのパスタ:軽めに仕上げる白ラグーのパスタを作ります。サラダ感覚でもいただけるメニューです!
*ポルペッテ :パルミジャーノやポルチーニが香るトスカーナ風のミートボールです。いつものミートボールにちょっと手を加えるだけでイタリアの味になります!
*リッチャレッリ:トスカーナ地方シエナの伝統菓子で、砂糖やアーモンドをたっぷり使った贅沢なものです。

【基本コース】
日本向けのアレンジはありません。イタリアと同じ作り方で楽しみましょう!
*バーニャカウダ
*グリッシーニ
*ティラミス

2017/3/12

『基本コース』のご案内
2017年3月、4月よりスタートの新しいコースです。これまでは一般的にはマイナーなイタリア地方料理や郷土料理などのレッスンを行ってきました。しかし、少々マイナーすぎる内容になることもあり、もう少しなじみのあるメニューからイタリア料理を学ぶ『基本コース』をご用意しました(^_^)
イタリア料理のおもしろさを、ぜひ体験してみてください。

コースは全6回で、3月、4月のメニューは以下のとおりです。
トマトのブルスケッタ/カルボナーラ/カッフェ アッフォガート

※詳細はブログ http://blog.goo.ne.jp/piacere6262 で確認をお願いします

2017/3/8

新しいコースのお知らせです!
誰もが知っている、名前を聞けばなんとなく頭に浮かぶイタリアンメニュー。でも、どうやって作るの?作ってみたいけど難しそう。という声が以前から寄せられていました。そこで、日本でおなじみのメニューを中心にしたコースを準備中です!詳細は近日中にアップしますので少々お待ちくださいね(^o^)


ページのトップへ戻る