クスパ > 教室トップ > ブログ記事一覧 > お彼岸のぼたもち(おはぎ)。

最終更新日:2019/7/1

気まぐれキッチン andante(大阪府豊中市)

癒しの空間で、やさしくアレンジした世界各国料理やお菓子を紹介しています♪

この教室のフォロワー:
32人
過去の予約人数:
61人

気まぐれキッチン andante

>>ブログを見る

お彼岸のぼたもち(おはぎ)。
2019/3/20 23:25 UP

春のお彼岸にちなんで「ぼたもち(おはぎ)」のレシピ3種をアップします。

もち米にうるち米を混ぜるのがコツ。
もち米だけで作るのと比べ、時間が経っても硬くなりにくくなります。
 
市販のあんこを使えば、おにぎり感覚で簡単に作れるのが嬉しい♪



「ぼたもち(おはぎ)」

〈材料〉約15個分

もち米...1.5合
うるち米…0.5合
市販のあんこ...適宜
白すりごま…適宜
おぼろ昆布…適宜


〈作り方〉

①もち米とうるち米は一緒に研ぐ。
2合の目盛りより少し少なめに水を加えて1時間ほど浸水させ、普通に炊飯し、すりこ木で荒くつぶしておく。

②市販のあんこは、もし柔らかければ鍋で煮詰めて水分を飛ばして冷ましておく。

白ごまには塩少々を加える。

②ごはんを15等分に分けておく。

あんこおはぎ→あんこ適量をご飯にまぶす。
ラップを使って握ると簡単!



白ごまおはぎ→ご飯の中央に少量のあんこを入れて握り、周りに白ごまをまぶす。

 

おぼろ昆布→ご飯に塩少々を付けて握り、おぼろ昆布をまぶす。




白ごまおはぎは、お好みであんこを入れなくてもOK。黒ごまでもおいしいです。

↓緑のものは青のりバージョン。



甘味だけでなく塩味のおはぎがあると食事にもなるし、お口直しにもなっておすすめです。









今日の大阪北摂は、日中スプリングコートも不要なほどのポカポカ陽気。

桜に先がけて、マンション前のモクレンが咲き始めました♪

昨日までは蕾だったのに!
春ですね〜










★レシピブログのランキングに参加中。
いつもクリック応援ありがとうございます。


レシピブログに参加中♪

>>ブログ記事を読む

<<先生のブログ記事一覧へ

先生情報
青野 恭子
青野 恭子
料理研究家   

埼玉県出身。ロンドン大学留学後、早稲田大学第一文学部卒。来客の多い料理上手の家族のもとに育ち、幼少時から料理好き。約4年間のロンドン滞在中には世界の食文化に触れ、各国料理への興味を深める。2008年より都内自宅にて各国料理教室を主宰。大阪北摂転居、高齢出産を経て、2017年夏に料理教室を再開。各企業へのレシピ提供、レシピ開発、コラボレーションレッスン、出張料理講師などの実績あり。


教室からのお知らせ

2019/7/1

日程の都合により、勝手ながら次回のレッスン開催は秋以降とさせていただきます。開催の際は改めてクスパでお知らせ致します。また皆さまにお目にかかれる日を楽しみにしております☺️

2019/5/9

こんにちは!令和元年、初回の5月レッスンはボリューム満点の「初夏のチャイニーズ定食」です。現時点でまだお席に余裕がありますので、ご参加希望の生徒さんはお知らせください😃

2019/5/9

申し訳ありませんが、現在当教室はご紹介以外の新規の生徒さんの募集を休止しております。ご紹介でレッスンに参加される場合は、ご紹介者のフルネームをお知らせくださいませ。以上、よろしくお願い申し上げます。


ページのトップへ戻る