最高の玄米を炊こう! 最高の小豆餡を作ろう! ピクニックに行こう!

クスパ > 埼玉県 > その他埼玉県 > Kurina's Cooking Class > レッスン情報 > 最高の玄米を炊こう! 最高の小豆餡を作ろう! ピクニックに行こう!

最終更新日:2022/9/17

Kurina's Cooking Class(埼玉県入間郡毛呂山町)

Macrobiotic Cooking Lessons in Saitama, Japan

この教室のフォロワー:
25人
過去の予約人数:
100人

暑くもなく寒くもない心地よい10月は ピクニックに出かけます!
レッスンで作った玄米おにぎりと白玉あんみつを食べながら 初秋の空気と景色を楽しみます。

レッスンでは 基本の2品をお教えします。
まずは 新米も出てくる時期ですので この機会に 土鍋で炊く炊き方を お教えします。
私がたどり着いた 玄米を最高においしくいただくための 炊き方です。

今回は 玄米ご飯の準備の仕方だけではなく、マクロビオティックでは基本の料理となっている玄米についての お話もしたいと思っています。

玄米は体にいいと信じて 玄米を食べている人も増えてきたようですが これまで食べていた白米を 玄米に変えて食べるだけでは 効用どころか 逆に良くない方向にむかってしまうこともあります。
白米とは異なり 玄米は その準備の仕方といただき方で その効用にもおいしさにも 大きな差が出ます。


もう一つは 小豆餡です。
こちらも私が工夫してたどり着いた炊き方で できるだけ少ない甘味料で甘さを最大限に出す方法です。
作った後は 小豆餡をたっぷり入れた 白玉あんみつを作ります。

このクラスは リクエストによる教室での対面レッスンです。 1~5人までの人数で お好きな日時で開催します。
レッスン代は グループでの料金です。
1人~4人までは¥20000、5人の場合は¥25000です。

Kurina's Cooking Classで提供するものは すべてマクロビオティックを基本にしたビーガン料理です。 メニューに その都度 記載しませんが 卵、乳製品、はちみつを含む 動物性食品を一切使用しておりません。 

最高の玄米を炊こう! 最高の小豆餡を作ろう! ピクニックに行こう!

■レッスン開催日時

予約したい日程をお選びください

※予約ボタンのない日程に関しては教室へ直接お問い合わせください

※「予約開始日」が記載されているレッスンは、予約開始日以降に予約できるようになります

■開催場所 埼玉県毛呂山町
■レッスンメニュー 玄米の炊き方
玄米についてのお話
甘さを引き出す小豆餡の作り方
白玉あんみつ

レッスンメニューには入っていませんが 玄米おにぎりも作ります。
■レッスン内容 ヘルシー料理
■レッスンの流れ ご希望の場合は 希望日を添えて メッセージください。
レッスン開催が確定した時点で レッスン代お振込みご案内のメールをお送りします。 
レッスン当日は 時間までに お越しください。
■受講料 25,000円(税込)
■定員 4~5
■持ち物 エプロン、筆記用具
■備考 レッスン料は 1人~4人まで場合は1グループ¥20000、5人の場合は¥25000になります。
最低¥20000というレッスン料の設定ですので、お一人、お二人の参加でも 開催いたします。


■支払方法
クスパ決済
教室指定のお支払い(PayPal あるいは 郵貯振り込み)
■教室指定お支払い時のキャンセルポリシー お支払い後 キャンセルはお受けしません。

■全レッスン開催日時

予約したい日程をお選びください

※予約ボタンのない日程に関しては教室へ直接お問い合わせください

先生情報
米沢玖来乃
米沢玖来乃
マクロビオビーガン料理講師   

シンガポールに21年住み、日本語教師を経て 外国人を対象に日本料理教室を開催。後に日本料理レストランを営む。 
日本に帰国後 マクロビオティックを基礎から学びなおし 自宅でマクロビオティック料理教室を開催。 
現在は大人と子供を対象にしたマクロビオビーガン料理のクラス、外国人を対象にしたビーガン日本料理のクラスを開講。 
海外でもマクロビオティック、ビーガン料理講師として活躍。


教室からのお知らせ

2022/9/1

ブログとHachidoryでは 去りゆく露地栽培で作るとおいしい 見た目も華やかなトマトサラダのレシピを公開しています。是非 作ってみてください。
https://kurinascooking.blog.ss-blog.jp/2022-08-19

2022/8/6

シンガポール、マレーシア、インドネシアの伝統大豆発酵食品、テンペ作りをお教えします。 詳細はレッスン情報を見てくださいね。

2022/7/28

ブログとビーガン情報サイトHachidoryでは シンガポールのスウィーツ、”Hoon Kueh / フーンクエー"のレシピを紹介しています。 https://kurinascooking.blog.ss-blog.jp/2022-07-14


ページのトップへ戻る