イタリア料理教室 B-カフェ(茨城県鹿嶋市)の教室情報

クスパアワード2019とは?
1年で最も支持を集めた料理教室の先生を発表するクスパアワード。2019年も、ユーザー様からの投票数・クチコミ数・アクセス数などを総合的に審査し、満足度が高かった教室を表彰する予定です。
2019年に参加した料理教室のなかで、もっとも満足度の高い教室を「クスパアワード2019 この教室に投票する」ボタンより、ご投票をお願いいたします。
なお、投票はお1人様1教室しかできません。不正があった場合は無効票となります。
投票期間:2019年12月2日(月)~2020年1月7日(火)
×
2019年一番満足度の高い教室は?クスパアワード投票受付中!

クスパ > 茨城県 > イタリア料理教室 B-カフェ

最終更新日:2019/11/1

イタリア料理教室 B-カフェ(茨城県鹿嶋市)

茨城県鹿嶋市に引っ越してきたばかりです。皆さまに喜ばれる教室にしたいのでよろしくお願いします。

この教室のフォロワー:
29人

クスパアワード2019この教室へ投票する

旬の野菜、新鮮食材を使い、アンチエイジングも意識したメニュー、そんなイタリアンをおうちでも簡単に作ることができます。
アっという間に出来るので、忙しい方にもおススメです!
彩りもきれいなお料理ばかり、おもてなしやパーティーにも最適です。

1ヶ月ごとにメニューが変わります。
最大6名までの少人数制なので、アットホームな雰囲気でレッスンをしています。
おひとりで参加されている方も多いので、お気軽にお問合せ下さい。
(注意:ネコを飼っております。最初だけご挨拶に顏を見せますが、あとは別の部屋に行っています)

教室ブログ→ http://umibenoitariancafe.blog.fc2.com/

この教室のレッスン

■レッスン内容 おもてなし料理
イタリア料理
■教室の特徴 コースレッスン形式 / 1回完結レッスン形式 / レッスンの振り替え可能 / 入学随時OK
出張レッスンあり / プライベートレッスンあり
多拠点展開
入会金無料
初心者OK
■開催時間帯 平日昼 / 休日昼
■クラス、コース 前菜、メイン、パスタorリゾット、デザートなどの中から毎月2品作ります。
(この他に講師手作りのパンとスイーツ、お茶付き)

■レッスン人数 最小2人~最大6人
■レッスン料金 3000円

入会金なし。
1レッスン毎にお申込みいただく,1dayレッスン形式です。

■今後開催予定のレッスン 潮来市 イタリア料理教室  [12月 8日(日) 10:00]
イタリアンレッスン  [12月15日(日) 11:00]
イタリアンレッスン  [12月16日(月) 11:00]

レッスン風景

彩りがきれいです。

彩りがきれいです。

サラティーニ

サラティーニ

3種の豆のマリネ

3種の豆のマリネ

ブロッコリーのペペロンチーノ

ブロッコリーのペペロンチーノ


先生情報

natsu

natsu
料理研究家   東京都出身

■先生のプロフィール

元イタリアレストランシェフ。

自宅教室の他、外部料理教室講師、出張料理などをしております。

自分自身も日々精進しながら、皆様にオシャレで美味しいイタリアンを
伝えていきたいです。

ガーデニング、インテリア、旅行、海、動物が大好き。
子供たちは独立し、現在は夫と猫3匹と暮らしております。


■保有資格

調理師

教室詳細情報

■教室所在地

茨城県 鹿嶋市 武井

■最寄り駅からのアクセス

電車のアクセスはかなり不便な為、お車でおいでください。詳しい住所はレッスンお申込み後にお知らせします。

■教室開始年

2011年

■レッスン開催場所

自宅キッチン/カルチャーセンター/公共施設/訪問/出張

■代表者名

natsu


先生情報
natsu
natsu
料理研究家   東京都出身

元イタリアレストランシェフ。

自宅教室の他、外部料理教室講師、出張料理などをしております。

自分自身も日々精進しながら、皆様にオシャレで美味しいイタリアンを
伝えていきたいです。

ガーデニング、インテリア、旅行、海、動物が大好き。
子供たちは独立し、現在は夫と猫3匹と暮らしております。


教室からのお知らせ

2019/11/1

12月レッスンのご案内を投稿致しました。
詳細はこちら
http://umibenoitariancafe.blog.fc2.com/blog-entry-844.html

2019/8/6

11月~2020年1月開催の「潮来市イタリア料理教室」のお知らせを投稿しました。
詳細はこちら
 http://umibenoitariancafe.blog.fc2.com/blog-entry-838.html


ページのトップへ戻る