子どもにどんな食事を出したら良い??

クスパアワード2020とは?
1年で最も支持を集めた料理教室の先生を発表するクスパアワード。2020年も、ユーザー様からの投票数・クチコミ数・アクセス数などを総合的に審査し、満足度が高かった教室を表彰する予定です。
2020年に参加した料理教室のなかで、もっとも満足度の高い教室を「クスパアワード2020 この教室に投票する」ボタンより、ご投票をお願いいたします。
なお、投票はお1人様1教室しかできません。不正があった場合は無効票となります。
投票期間:2020年12月1日(火)~2021年1月5日(火)
×
2020年一番満足度の高い教室は?クスパアワード投票受付中!

クスパ > 教室トップ > ブログ記事一覧 > 子どもにどんな食事を出したら良い??

最終更新日:2019/9/27

和-Nagomi-(神奈川県横浜市青葉区)

You are what you eat. 心と身体に優しいマクロビオティックはじめませんか?

この教室のフォロワー:
4人
過去の予約人数:
1人

クスパアワード2020この教室へ投票する

【横浜市】資格も取れる!いちばんやさしい本格マクロビ料理教室〜脳とカラダがすっきりキレイになる食事法〜

>>ブログを見る

子どもにどんな食事を出したら良い??
2019/4/28 15:00 UP

こんにちは


いちばんやさしい
本格マクロビオティック
講師の櫻井裕子です




「マクロビオティックの
基本食は
味がしょっぱい!」


「こんなに塩気が強いものを
子どもに食べさせて
大丈夫でしょうか?」


私が料理教室にくるお母さんたち
からよく受ける質問です




皆さんどう思われますか?



まず私がお話をするのは


マクロビオティックの基本食は
なぜ塩気が強いのかということ。




そして
私たち人間が摂取するべき
ナトリウムとカリウムのバランス
についてお話します。




様々な問題を引き起こしがちな
動物性食品を控え


玄米菜食の食事を進めていくには


代わりに


質の良いナトリウム
(伝統製法で作られた塩・味噌
・醤油などの調味料)
を必要とします。




そして、陰陽という物差しで
子どもの性質を観察したときに
(逆にお年寄りの性質も)


どのような食事を出したら良いか
自ずと見えてきます。




人生の中で子ども時代は、
季節に例えたら春


これからぐんぐんと成長をし
上へ上へと伸びていきます




陽(縮まる力)の強い
しょっぱい基本食ばかりではなく


基本食をベースに
少し塩気を薄めに作ったり


切り方や火の入れ方を
陰性(拡がる力)に仕上げたり


上に伸びていく食材を使うと
良いですね




カラダが少しずつ固まってくる
お年寄りも


性質を考えるとどういうお食事を
お出ししたらよいか分かりますね






写真はリマ藤が丘校のベーシックII(中級)
第7回で調理実習したお料理


・玄米ご飯
・蕪のお味噌汁
・ひじき蓮根
・根菜の旨煮
・田舎まんじゅう


テーマは「年齢にあわせた食事法」




食で薬いらずの元気なカラダを
手に入れる方法を学びたい方


4月から藤が丘校でベーシックI(初級)
コースが始まりました


若干名の途中入校も可能です。


ご興味がある方は ⇒ コチラ





いちばんやさしい本格マクロビ料理教室
脳とカラダがスッキリきれいに♪
マクロビランチ付き
はじめてセミナー



随時開催中


横浜市青葉区藤が丘
(田園都市線 藤が丘駅徒歩5分)
nagomi.macrobiotic@gmail.com


レッスンメニュー

アクセス
生徒様の声
メール講座(先行予約受付中)
お問い合わせフォーム






横浜市、川崎市、町田市、大和市、藤沢市、東京都などからいらしていただいています。




初心者でもキホンから丁寧に教えます👌


マクロビオティック伝統校
クッキングスクール・リマの
資格が取れるコース

も開講中




ご興味ある方は、
まずコチラから体験して下さい↓↓


脳とカラダがスッキリきれいになる
マクロビランチ付き
はじめてセミナー

随時開講中!




ぜひご気軽にいらして下さい♡
お待ちしております。

>>ブログ記事を読む

<<先生のブログ記事一覧へ

先生情報
櫻井 裕子
櫻井 裕子

マクロビオティック クッキングスクール リマ本校の初級・中級講師。2018年9月より、和-Nagomi-の一部としてクッキングスクール リマ藤が丘校を開校。自宅料理教室の和-Nagomi-では、小さいお子さんを持つママたちを対象に、マクロビオティック料理教室をこれまで主宰。基本・応用のマクロビオティック料理、基本のお手当法、アトピーなどの症状別食箋・お手当などをご紹介。



ページのトップへ戻る