体にやさしい天然酵母のパン教室 Haijiのブログ

クスパ > 兵庫県 > 宝塚市 > 体にやさしい天然酵母のパン教室 Haiji > ブログ記事一覧

最終更新日:2018/7/27

体にやさしい天然酵母のパン教室 Haiji(兵庫県宝塚市)

天然酵母と国産小麦で体にやさしいパン作りをしています。動物性不使用です。アレルギー対応します♪

この教室のフォロワー:
14人
過去の予約人数:
3人

高い空と青い海

>>ブログを見る

最新のブログ記事

春の日を楽しむ
2020/4/6 10:53 UP
おはようございます。
今朝は月参りにお坊さんが来てくださる日でした。
仏様に御経を唱えるのは、もはやこの日のみとなった我家です。
姑がしていたように、庭の草抜き…続きを読む>>
雨上がりの朝です
2020/4/2 18:30 UP
雨上がりの朝、庭の草木がググンと育ってました。
紅葉の葉が大きくなって、ふきのとうも開いてます。
我家の庭は宿根草が多いので、昨年より大きく育ってくれることが楽…続きを読む>>
また朝がきた
2020/3/29 11:11 UP
おはようございます。この辺りでは昨日、雨が沢山降りました。
今朝は冷えていますが、寒い寒いと言うほどてはありません。
もう3月ですしね。
上の娘が帰国してから3…続きを読む>>
最近のこと
2020/3/24 2:17 UP
訳あって最近はテレビやSNS で情報収集をしています。だけど、どうにもこうにも、モヤモヤしてザワザワして気持ち悪い。
全く本当なのかどうか分かりにくい。
イタリ…続きを読む>>
3月9日
2020/3/11 2:25 UP
流れる季節の真ん中でふと日の長さを感じます~
今日は3月9日、
そろそろ中学生は卒業式、そして公立高校受験ですか?
大学受験は後期試験でしょうか?
続きを読む>>
反省する
2020/2/11 23:43 UP
先週の土曜日、
というか金曜日、朝から体調が悪く、寒くて寒くて背中にカイロを貼って
ブクブクに着込んでいたのですが、夜になって遂にダウン。
咳と鼻水、頭痛、熱が…続きを読む>>
本年も宜しくお願い申し上げます😊
2020/1/3 1:58 UP
旧年中は大変お世話になりました。
本年もどうぞ宜しくお願い申し上げます
今年は暖冬ですねー、とても穏やかなお天気。
1月2日、窓を全開にして掃除機をかけました。…続きを読む>>
2019年も残りわずか
2019/12/24 1:37 UP
12月はあっという間、ほんとーに早いです。
今年はクリスマスも特に何もしない予定なので、ここは世間とギャップを楽しむということで、思いきって畑を耕してみよう。
続きを読む>>
天皇陛下の御即位
2019/10/25 19:43 UP
先日は皇太子様が御即位され天皇陛下になられましたね。平成になった時と比較すると随分と時代の変化を感じます。
あのときは
お正月を実家で過ごして下宿先に戻り、ひた…続きを読む>>
その日は曇り空
2019/10/9 19:18 UP
たまたま撮った、その日は曇り空だった。前日より仕込んだパン生地が良い具合に発酵したので、心の中でホッとしつつ「いや、米粉パンは油断できない」と気を引き締めて成形…続きを読む>>
先生情報
体にやさしい天然酵母のパン教室 Haiji
体にやさしい天然酵母のパン教室 Haiji
パン教室主宰   岡山県出身

天然酵母との出会いは仙台に在住していたころ・・・
国産小麦とホシノ天然酵母のシンプルな美味しさに一目惚れ、自分もこんなパンを焼いてみたいと思ったのが始まりでした。


教室からのお知らせ

2017/8/27

今月のレッスンはドイツ風のピザパンフラムクーヘンです。
時短で思い立ったらすぐに作れます。
復習レッスンとしてクレセントロールも作ります。
是非ご参加くださいね!

2017/7/7

7月の今月のパンはホシノ酵母のプレッツェルです。
プレッツエルは聖母マリアが 幼子のイエスを抱っこしているイメージで形作ったものとか、その歴史は中世の頃の宗教画に描かれているほど古いようです。ドイツの地域によっても少しずつ形が違い、輪っかと膨らみ、どっちが上?なんて考えたり、独特の形と食感が楽しいパンです。

本来はラウゲン液というアルカリ性の液体で作るものですが、家庭では重層液で代用します。岩塩を散らすのがスタンダードですが、お好みでシナモンパウダーを使っても美味しいです。カリッとコンガリ焼いた美味しいドイツパンです。

(焼き上がりのプレッツエル+同量の粉のお持ち帰り)

2017/6/3

6月のレッスンは「全粒粉入りベーグル」です。
ホシノ酵母で作っても美味しいのですが、先月の残りのイチゴ酵母からのレーズン酵母も可能です。
おまけに茹でつながりでグリッシーニとタラッリ、発酵なしのパンですがイタリアの家庭料理も作ってみましょう。


ページのトップへ戻る