こんなにも珈琲の味が変わるなんて驚きました!!

クスパ > 教室トップ > ブログ記事一覧 > こんなにも珈琲の味が変わるなんて驚きました!!

最終更新日:2019/9/22

TOMOKO‘S TABLE (埼玉県戸田市上戸田)

キレイになれる本格タイ料理をメインにおうち料理や菓子教室を開催しております。

この教室のフォロワー:
2人

埼玉県戸田市 有竹智子 タイ料理・菓子教室【TOMOKO'S TABLE】 のブログ

>>ブログを見る

こんなにも珈琲の味が変わるなんて驚きました!!
2018/6/19 8:26 UP

先週、2日間に渡り開催した珈琲飲み比べ会。

こんなにたくさんの珈琲を少しずつ飲み比べできるなんてなかなかない機会だなぁと思いました。

珈琲をただ淹れてるだけだと気づけない微妙な味の違い。

最初は、私が淹れたものを銘柄別に飲み比べ。
今回ご用意したのは、

・コロンビア
・エチオピア
・マンデリン

これだけでもそれぞれの豆の特性がわかって皆さん驚かれます。
そしてここからがさらにびっくり



次は、同じ豆、同じ温度、同じ蒸らし時間、違うのは淹れる人。

皆さん見られながらのドリップに真剣!!



これがもう、驚くほど味が変わります。

今まで味の違いがわからなかったって人も、流石にわかるほど。

苦味が出たり、まろやかだったり、酸味がでたりそれはもう変わります。


それでも、豆の特徴がわかれば目指す味もわかるから、豆がこれしかない!って時でも工夫次第で味を変えられます。

私もこの会にあたって、自分の淹れ方を見直してより言葉で伝えられるようにと思い学びなおしました。

淹れる人が違うだけでこんなに味が変わる。

だから、弟が淹れる珈琲おいしいんだわ。

珈琲好きの皆さんも、目からウロコで珈琲への見方が変わったようで嬉しい。

次は、3種類の豆を75度、80度、85度、90度で飲み比べ。

これもセオリー通りの温度ではなく、個々の豆によっても美味しいと感じる温度が違うこと。

とにかく、感心する事ばかりの時間でした。

早速ドリップケトルを新調する!というお声も。

お菓子も大好評で、前の日にのりちゃんの絶品お菓子を堪能したあとでの仕込みはやや気が引けましたが笑、喜んでいただけて良かったー。

これも、美味しい豆があってこその会。

数年前まで珈琲が飲めなかった私が、弟の珈琲で飲めるようになりました。

参加者の皆様から、こんなにたくさん飲んだのに胃もたれ一つしない!

美味しい豆は違う!というありがたいお声も(´°̥̥̥̥̥̥̥̥ω°̥̥̥̥̥̥̥̥`)

美味しい深煎りの豆は食べても美味しいんですよ。

テンパリングしたチョコでコーティングしたいくらい。

市販のものより絶対美味しくできるわ。
珈琲を丁寧に淹れてる時間は、特別。心にゆとりが生まれます。

写真送ってもらったけど、珈琲塾並みに指導する自分の姿に爆笑!眼光鋭かったわ(笑)

たこ焼きスタイルで、腰に手をやった方がうまくいくとか、持論爆発でした笑。秋ごろ、また企画します。

秋に合わせた珈琲でまた飲み比べか、ブレンドの会かまだ未定です。

珈琲好きの方、美味しい珈琲に出会いたい方もぜひ!

今回お出ししたお菓子が好評で、レッスンの問い合わせ頂いております。



9月のレッスンでやろうと思いますので、またご案内します。
参加してくださったみなさまありがとうございました。

そして、美味しい豆を送ってくれた弟のお店、井尻珈琲焙煎所。ありがとう。
さっそく、参加者の方でご購入いただいた方もいてうれしいです。

ぜひ、一度味わってみてください。→井尻珈琲焙煎所webshop



現在受付中のレッスン7月 タイ料理食べるだけの会はこちら→残席僅か!!


6月 タイ料理教室【カオマンガイ &ナムプリック・カピ】はこちら
※6月27日のみ申し込み受付中!!



ホームページ開設しました!
【TOMOKO'S TABLE】


※ホームぺージ開設に伴い、教室名を「TOMOKO'S TABLE」に改称いたしました。


料理教室・菓子教室・その他お問い合わせはこちら

メイクレッスン用のブログ→こちら
LINE公式アカウントはじめました!

ID kti01812e
http://line.me/ti/p/%40kti0182e


埼玉県 戸田市・さいたま市・蕨市・川口市・志木市・朝霞市・新座市・越谷市・上尾市・行田市・東京都板橋区

>>ブログ記事を読む

<<先生のブログ記事一覧へ

先生情報
有竹 智子
有竹 智子

おうちタイ料理研究家。菓子・料理教室TOMOKO’S TABLE 主宰。
江上料理学院フードコーディネーター養成科卒業。
2009年より、埼玉県・戸田にて料理教室をスタート。
タイの由緒ある料理学校「スアンドゥシット大学・日本校」にて本場の味を習得。

本格的でありながらも日本の家庭でも作りやすいタイ料理を伝えている。

2019年秋~隔月で従来の菓子・おうちごはん教室も開催。



ページのトップへ戻る