Oisix (おいしっくす)『地場野菜』タイアップレッスン

クーポンの取得及び利用について
クーポンは夏休み動画レッスンを購入すると取得できます!
また、取得したクーポンは通常レッスン及び動画レッスンのクスパ決済時に利用可能です。

クーポンが取得可能な夏休み動画レッスン特集はこちらから
×
夏休み動画レッスンを購入するとクーポンGET!もれなくもらえる300円クーポン配布中!

クスパ >コラボレーション企画 >食品宅配『Oisix (おいしっくす)』タイアップレッスン

■ 今回は麻布十番の本格レッスン

麻布十番といえば歴史ある商店街、十番商店街を中心とした地域として全国でもその名が知られていますね。
赤い靴を履いてたキミちゃんの像や、泳げたいやき君のおじさんのモデルとなったお店、今年残念ながら閉店してしまった麻布十番温泉も何世代にも渡って愛されていました。
多くの大使館が立ち並び六本木からも徒歩圏にあることもあり、世界の食を扱うスーパーやレストランが由緒正しき町並みの中至る所に見受けられます。

そんななか、今回取材させていただくのは十番商店街の一等地に位置する教室、凛藤曄(りんとうよう)。
主宰のAyako先生は、メンタル&フード研究家という肩書きをお持ちで、料理だけでなく食を中心とした文化全般に造詣が深いとの事で、我々クスパスタッフも興味津々です。
今日は基礎コースと言う事で、私たちも大変参考になるレッスンを体験させていただきました。

■ 食を通じてコミュニケーションの本質を伝えていく大切さ

Q:凛藤曄という教室名に込めた想いを聞かせてください。

凛藤曄とは、教室を通して伝えたい想いや自身の生涯の願いを一字ずつに込めて作り上げた言葉です。

「凛」 凛として(何か自分の抱く思いを軸とし大切にし響かせる…)
「藤」 藤の花(しなやかに艶やかに柔軟に)
「曄」 曄(かがやいて)

家族のコミュニケーションの場として食卓って毎日の生活に欠かせないモノですよね。
もちろん、独身で一人暮らしの方だったら、お友達や彼氏
彼女といった大切な人たちと一緒に食べる食事の中で、最近どう?今日何があったの?何か元気無いね?
良い事あった?そんな何気ない会話がものすごく大切で、食事の時間をどう過ごすかによって毎日の生活がガラリと変わります。
忙しい生活の中で忘れがちなこの大切さを、みなさんの食の席を通じて伝えていって欲しいと思っています.。

そのために大切な事、それはおもてなしの心です。
それは料理の味付けや飲み物を、相手の嗜好や健康状態 によって変えてみたり、テーブルクロスや食器を相手の好きなものや、その日の雰囲気に合わせて変えるさりげない配慮。

ちなみに今回のテーブルコーディネイトのテーマは秋ということで、ハートウォーミングな演出をしています。
その中で同じ色でも彩度や他の色との組み合わせによって印象がガラリと変わってきます。テーブルコーディネート
という言葉を聞くと敷居が高いと敬遠されがちな事ですが、 それを解りやすく丁寧に解説する事で、ちょっとの工夫で美味しい料理を作るだけでなく、料理を中心とした食卓という場を作る事ができるんだよというきっかけ作りのアドバイスをしています。

レッスンを通じて身近な人の喜ぶ顔がみたい、元気になってもらいたい、もっと色々本当の気持ちを聞きたいという、「人の心と触れることへの興味」を育んでもらいたいと思っています。

Q;料理を通じたノンバーバルなコミュニケーションですね。

この授業で食を楽しむ事を体感していただいて、それをご家族や、お友達とのホームパーティでそのまま実践して頂けるようなレッスンを心がけています。サロンスタイルのレッスンは、ご自宅の雰囲気に近いため、その雰囲気を伝えるにはピッタリのスタイルなんです。また、1人1人に合わせてお料理初心者の方でもステップアップできるメニュー提案と丁寧なアドバイスを心がけています。

Q:生徒さんはどんな方が多いのですか???

主婦やOLさんの他に、お習い事の先生や、女性起業家の方も多くいらっしゃっています。
月に1、2回自分にあった時間でレッスンを受けられるので、短い時間の中無理なく少しずつ上達出来るようなレッスンを心がけています。

★本日のメニュー★

・おかひじきのシャキシャキ旨み炒め(調理時間10分)他三品

レッスンは、講義と実践の2段階に分けて行なわれます。
講義では、今回のメイン食材である伝統野菜、おかひじきについてじっくりと解説します。調理や合わせ方のポイントだけでなく、食文化と栄養についても詳しい説明が。みなさんテキストにびっしりと書き込んでいました。
また、今回の基礎コースでは、包丁の使い方から始まり、魚をさばけるようになる事を目標とします。
包丁の種類、特徴などを丁寧に解説したあと、いよいよ実際の調理へと進んでいきます。
魚をさばく前に、まずは大根の桂剥きから。レッツチャレンジ。

桂剥きは、包丁では無く、大根の方を動かすのがコツです。
包丁の扱いに慣れたらいよいよ、魚をさばく行程へ。
魚をさばく時は、刃当たりを感じながら、、という先生のアドバイスに、皆さん緊張しながらも、魚に刃を入れていきます。
失敗してもみんな通る道ですから大丈夫ですよ。と優しい声に勇気づけられ、回数を重ねるごとにコツをつかんでいきました。

お米を研ぐ時は、手の腹で研ぐ感覚を。無洗米で炊いたお米と自分で研いだお米。
自分で研いだお米は、やはり美味しいものですね。

調理が終わったら、皆さんで試食。
食べている時はみんなニコニコ。何を食べるかも大事ですが、誰とどのように食べるかが本当に大切ですね。
料理のポイントについての質疑応答も実際に試食をしながらなので、リラックスした雰囲気で行なわれます。

おかひじきのシャキシャキ食感にみんな大満足で、あっという間にお皿が空っぽになってしまいました。


■ 美しく生きるということ

レッスンの最後には生徒さんにちょっとしたおみやげも。毎回、生徒さんへ何ら かの贈り物を用意しているのだとか。
先生の、「おもてなし」へのこだわりが感じられます。生徒さんも嬉しそうでした。 こうして、もてなされる側の喜びを味わう事が、相手の気持ちを思いやる心に繋 がるんですね。

参加頂いた皆様、本日はありがとうございました。

編集後記

今回インタビューさせていただいたAyako先生には、食という出発点から文化的な広がりのある世界について語っていただきました。海外の方も多くいらっしゃるこの麻布十番という地域は、日本ってどんな国なの?その問いの答えに近い街なんだろうと思いました。
ウラもオモテも無いAyako先生のおもてなしの心。今回のレッスンから伝わった想いはそれぞれのテーブルを通じて生徒さんの親しい人たちをハッピーにしてくれることでしょう。

国内最大級の料理教室紹介サイト、クスパは食に関わる企業さんとのコラボレーション企画を行なっております。
Oisix(おいしっくす)は「作った人が自分の子供に安心して食べさせられる食材」をコンセプトに独自の安全基準を設け、おいしく安全なものを手軽にお届けする、インターネット最大級の食材宅配サービスのお店です。

旬の野菜や果物など日々の食材をはじめ、「どっちの料理ショー」にも登場の館ヶ森高原豚肉、全国各地の産地直送品や有名パティシエのスイーツなども充実!今までに28万人以上の方にご利用いただいております。
・焼いただけでトロっととろけるような食感が楽しめる「トロなす(白なす)

・シャキシャキとした食感が魅力。「おかひじき


どれも個性が強い野菜なので、シンプルに焼いたり茹でたりするだけでも十分美味しいけど、個人宅で少人数制の料理教室を開催している先生たちのアイディアで、素材の良さがもっと引き出された、素敵な料理に変身します!
今回のレッスンでは、17世紀から日本で食されている伝統野菜、おかひじきを使った料理をご披露頂きました。
凛藤曄-りんとうよう-
授業について
通常レッスンは1名~4名の少人数制。各科24単位12回で、和・洋・中それぞれを4回ずつ学ぶ。
コースごとに基礎テキストを用意しているので、それを基に一課題お勉強。そして当日のレシピの作り方のアドバイスを受け、調理、盛りつけを行ない、最後に試食という流れ。

自宅サロンで学ぶことで、特別な技術としてではなく実際に自分でできるのかもイメージしながら学べるのが特徴。
Ayako先生のプロフィール
学生時代からフォーカシングを学びながら、心の実感に触れることの大切さを学ぶ。そしてどこの文化においても、「食」は人と人とを包み込み自分らしさを引き出し、さらに解放しているという魅力に気付く。

卒業後、飲食店経営・エステサロンコンサルタントに携わる傍ら、懐石料理・イタリアン・中華を学び準備期間を経て、知人とコミュニケーションをとる場として和・洋・中、お菓子のお料理を教えるようになる。

ページのトップへ戻る