suola-b  ●気血水を補って目指せ涸れない秋

クスパ > 大阪府 > 大阪市北東部 > 薬膳料理教室 suola > レッスン情報 > suola-b  ●気血水を補って目指せ涸れない秋

最終更新日:2022/9/24

薬膳料理教室 suola(大阪府大阪市生野区勝山南)

日々のごはんをきちんとていねいに...甘いもんが作ってくれる、やさしい時間を大切に...

この教室のフォロワー:
81人
過去の予約人数:
107人

ようやく夏の暑さを乗り越え、秋の気配が漂う時期ですが、身体は気も血も水も消耗してカラカラ。夏に消耗した諸々をしっかり補い、秋に気になる乾燥対策を!まずはしっかり気を補い、元気な身体に。消耗した血も補い、巡らせることで夏の疲れを解消していきます。秋に必須の白い食材は、肺を潤し、強くします。特に秋の前半は白くて辛くないものを!

毎日でも食べたくなる優しいお味の和薬膳メニューで秋の食養生をお伝えします。大量に失った気血水を補って、乾燥する秋、冬に向けて蓄えていきましょう!

メニューはこちら
・鶏飯
・青梗菜と金針菜の和えもの
・白木耳と梨の和えもの
・簡単胡麻おはぎ(あんこの実習はありません)

詳しいメニュー内容は「レッスンメニュー」をご覧ください。

suola-b  ●気血水を補って目指せ涸れない秋

■レッスン開催日時

予約したい日程をお選びください

※予約ボタンのない日程に関しては教室へ直接お問い合わせください

※「予約開始日」が記載されているレッスンは、予約開始日以降に予約できるようになります

  • ・青梗菜と金針菜の和えもの・青梗菜と金針菜の和えもの
  • ・簡単胡麻おはぎ・簡単胡麻おはぎ
■開催場所 大阪府 大阪市生野区勝山南
■レッスンメニュー ・鶏飯
奄美大島の郷土料理でご飯に鶏のお出汁をかけて戴きます。鶏はお腹を温めしっかり気を補ってくれる食材。具材の椎茸も気を補ってくれるので、体力の落ちている時にもおすすめ。錦糸卵、紅生姜、青紫蘇を添えて。
・青梗菜と金針菜の和えもの
血を補う効果の高い金針菜は鉄分やカルシウムもたっぷり。余分な熱をさまして、むくみも解消してくれる夏バテにもぴったりの食材です。青梗菜は血の巡りをよくして、余分な熱のイライラを鎮めてくれます。二つの食材を合わせて、血を補って巡らせる和え物を作ります。
・白木耳と梨の和えもの
秋に食べたい白いものの代表とも言える白木耳と梨。白木耳は肌に潤いを与えてくれるので、紫外線を浴びた肌のケアにもぴったり。梨は肺を潤し、喉の炎症にも効果的。旬の時期にしっかり食べておきたい食材です。
・簡単胡麻おはぎ
あんこの実習はありませんが、suolaでご用意してレシピをお渡しします。あずきはむくみの解消や解毒効果もある食材です。
身体を潤し加齢によるトラブルにも効果が期待できる胡麻をたっぷりと。道明寺粉で簡単に作れるレシピなので、お彼岸にぜひ。
■レッスン内容 薬膳料理
■レッスンの流れ レシピ説明後実習、試食、薬膳効能の説明、後片付け。
■受講料 5,000円(税込)
■定員 6名
■持ち物 エプロン、ハンドタオル、筆記用具、なるべく不織布のマスク
■支払方法
クスパ決済
教室指定のお支払い(初めての方のみ事前にお振込みいただきます。キャンセルされた場合の返金時には振込手数料を差し引かせて戴きます。ご了承ください。)
■教室指定お支払い時のキャンセルポリシー キャンセルは基本的にご遠慮いただいておりますが、
7日前~4日前までは受講料の30%をキャンセル料として戴きます。
3日前以降のキャンセルは受講料全額を申し受け、レシピをお渡します。

■全レッスン開催日時

予約したい日程をお選びください

※予約ボタンのない日程に関しては教室へ直接お問い合わせください

先生情報
北川久仁 きたがわくに
北川久仁 きたがわくに
教室主宰/薬膳料理研究家   大阪府出身

趣味だったお料理、お菓子作りを極めたい!と料理教室に通い、同時
にケーキ店で修行。その後、料理教室の講師を4年間務め、独立。きちんとていねいに作ったお料理の温かさ、お料理をすることの楽しさを伝えたいと、2006年夏、自宅にてsuolaを開講。
2010年より中医学の勉強を始め、2011年10月、薬膳インストラクター資格取得
2012年12月上海中医薬大学認定 中医薬膳指導士資格取得

教室からのお知らせ

2022/9/24

11月のレッスンのご予約は10月1日0時から承ります。
どうぞよろしくお願いいたします。

2022/9/23

11月のメニュー、スケジュールをWebサイトにアップ致しました。
どうぞご覧くださいませ。
https://suola69.com/

2022/8/28

本日より10月のご予約を承っております。
どうぞよろしくお願いいたします。


ページのトップへ戻る