あなたは命にどんな感覚で接してますか?

クスパ > 教室トップ > ブログ記事一覧 > あなたは命にどんな感覚で接してますか?

最終更新日:2019/9/19

グルテンフリー米粉パンを伝える 関口ひろこの米粉パン教室(奈良県奈良市)

JR奈良駅からすぐ。グルテンフリー、プラントベースの米粉パンの教室です。米粉マイスター講座開催中。

この教室のフォロワー:
4人
過去の予約人数:
13人

小麦を控えたい方にグルテンフリー米粉成型パンを伝える 関口ひろこの米粉パン教室

>>ブログを見る

あなたは命にどんな感覚で接してますか?
2019/8/16 12:18 UP

中学生の夏の宿題が昆虫標本。虫が苦手な息子は気が進まないのかまだ手をつけてない。
私も解剖とか標本とか絶対無理。触りたくない気持ちはわかる。だけど課題なら仕方ない…
生きてるのを捕まえてきて作るとかは無理。自然に死んだのを拾ってくるならまだなんとか。
でもそんな都合よく落ちてないしね…とモヤモヤしている。
‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐
私がなるべく菜食にするのはそんな感覚が強いせいもある。
魚やイカをさばく技術は知っているし、若い時はしてた。新鮮なものが美味しいのは知ってる。
でも目がある生き物はホントに辛くて。ストレス感じてまで食べなくてもいいか、と自分でさばくのはやめました。
鳥も豚も首から切るでしょう?さすがにやったことはないけれど屠畜場に足を踏み入れた時の感覚、血が染み込んだその場所の空気がやっぱり辛くて
食べて美味しいという感覚はあるし全く口にしないわけではないけれど、あんまり食べたくない。
野菜だって果物だって生き物でしょ!という人もいるけれど、植物はちょっと違うのよね。
ヒトと植物って相互補完的に生きてる部分がある。現代では切り離されてるけど本来は循環のなかでお互いが生きているもの。
食べない生き方には憧れるし断食は好きだけど体を動かすためには私は食べた方が元気に動けるので穀物菜食中心に食べています。
そして動物であれ植物であれ「いただきます」と感謝して余さず頂くことが大事。
‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐そんな風に考えていることが毎日の食事から伝わっていたのかな。
小さな命を奪うことへの感覚。
勉強とか進路という点からみると不利な感覚かもしれないけれど
その感覚はこれからも大事にしてほしいなと思った夏休みの1日でした。
コメコトナラ講座案内はこちら
米粉マイスター講座募集中
9月スタート、水または金開催
10時半~13時半の月1回×全4回
詳細お申し込みはこちら→🔺

米粉パン講座
単発受講は8月末まで。
秋からはコースでのご案内になります。
詳細お申し込みはこちら→💛
28日はフライパンで焼く米粉パン講座
30日は基本の米粉パン講座
開講します。

米粉成型パン講座
コース募集予定です。体験講座も
秋から開始します。

イベント出店のおしらせ
8月24日(土)11時半~16時
グルテンフリーマーケット@大阪
イーマ1F南エントランス
参加費1000円 試食あり
1WS1メニュー 30分くらい
米粉のスノーボール
または米粉のジャムマフィンを
デモンストレーションでお伝えします。
ワークショップのお申込みはこちらからどうぞ!クリック



9月10日・10月8日・11月12日
すべて(火)10~14時
地球に優しい暮らしのワークショップ
&マルシェ hachiya

基本の米粉パンワークショップ
10時半~12時半
まずは米粉パンを食べてみたい方、
作り方を知りたい方にオススメ。
試食は講師の焼いてきたパンを
お召し上がりください♪
プレーン以外もご用意します。
コースをご検討中の方で
体験的に受講したい方にも
こちらをご案内しております。

詳細・お申し込みはらこちら→▲

10月はハーバルセラピストとして
イベント出店予定あり。

▼フォロー大歓迎▼

Facebook

Instagram

Twitter

>>ブログ記事を読む

<<先生のブログ記事一覧へ

先生情報
ひろこ
ひろこ
米粉マイスターインストラクター   

自身も子ども二人もアレルギー体質。体質改善にとマクロビオティックや植物療法を学び始めて14年が経ちました。グルテンフリーやアレルギー代替食品として注目される米粉のパンや、身体に良くて美味しいから続けられる、米粉と野菜のおうちごはんを軸にお伝えしています。私自身が化学物質に過敏なところがあるため、受講をお考えの方には【教室内に人工化学合成香料の匂いを持ち込まない】ことをお願いしております。


教室からのお知らせ

2019/9/8

当教室で受講をご検討中の方にお願いです。 講師は化学物質に敏感なため、匂いが持続する合成化学香料で体調をくずすことがあります。誠に恐れ入りますが、柔軟剤・シャンプー、リンス・香水などで匂いが強く長時間残るタイプの合成化学香料の匂いを教室に持ち込まないよう、お願いいたします。普段ご使用になっている方は、ご自身の匂いに気づかない方がほとんどですが、嗅覚は味覚にも影響いたします。他の参加者の方も美味しく召し上がれますよう、匂いの強さにはご配慮くださいますよう、よろしくお願いいたします。


ページのトップへ戻る