菜彩クッキング(兵庫県尼崎市)のレシピ一覧

クスパ > 兵庫県 > 尼崎市 > 菜彩クッキング > 教室レシピ一覧

最終更新日:2020/11/7

菜彩クッキング(兵庫県尼崎市)

「食べる」ことで心も体も健全になるために一つひとつの食材に感謝して丁寧に調理する心をお伝えします

この教室のフォロワー:
12人
過去の予約人数:
40人

公開中のレシピ一覧(全9レシピ)

切り干し大根のキッシュ

キッシュ生地はごまペーストでヘルシーに、具材は切り干し大根、ひじきなどの乾物を使い食物繊維たっぷりで鉄分、カルシウム豊富な女性にうれしい和風キッシュです。

南瓜団子入り薬膳ぜんざい

小豆は昔から解毒剤として使用されていました。
陰から陽へ季節の変わり目に体のお掃除のためにもゆっくり小豆を炊いてみましょう。
砂糖を使わずデーツとなつめの甘さで炊き上げます。自然な甘さが堪能できます。

砂肝のアヒージョ

アヒージョとはスペイン料理で小さなにんにくをオリーブオイルで煮込む小皿料理のこと
砂肝は消化器系のはたらきをよくして消化をたすけ、春と関連のある肝の機能を整えます。
にんにくオイルで煮込むことで香りもよく、コリコリ感がとても食べやすい1品です。

鶏肉の梅酒ソース

梅仕事の時期になりましたが、前年に作った梅酒残っていませんか?
梅酒を使いソースを作っておくと日持ちもして焼き物、和物、サラダにととても重宝します。そんなソースで夏バテを予防しましょう。

お気に入り登録:1美味しそう:1

いかとセロリのワタ炒め

いかはタウリンが多く肝臓を守ってくれます。ワタにはビタミンAが含まれ目や粘膜を強くし新陳代謝も活発にしてくれます。ワタの臭みは塩麹につけると生臭さも消えます。イライラを防いでくれるセロリと合わせることで春の体調管理に最適です。

かぶらとオレンジの甘酒あえ

かぶらは五臓を保護し甘酒は気力をアップ、柑橘類の酸味が気の廻りをよくしてくれます。冬から春への季節の変わりめ陰から陽の季節になります。身も心も軽やかに元気に春を迎える1品です。

美味しそう:1

5分でできる「胡瓜のはちみつ漬け」

身体に溜まった熱と湿をとる胡瓜を腸や肌の乾燥を防ぐはちみつとレモン汁で漬け込みました。包丁も使わず調理時間は5分で夏から秋への季節の変わり目の養生レシピの1品です。

お気に入り登録:1美味しそう:2

豚ロースの紅茶煮

豚の匂いと臭みを紅茶で下茹でします。紅茶は発酵茶なので体を温めてくれるので寒い時期にオススメです。ソースはりんごを使い甘めのソースでお子さんにも喜ばれます。

お気に入り登録:1

皮までスイートポテト

スイートポテトを懐かしい形にして仕上げました。皮にはシナモンを加え散寒止痛の効果で冷えによる腹痛の改善にもなるスイーツです。

お気に入り登録:1美味しそう:1

先生情報
harumicafe
薬膳家庭料理主宰   三重県出身

企業で管理栄養士として料理教室・生活習慣病予防教室に従事。
定年退職後食事で健康を維持増進させるには栄養学だけに頼るのではなく、食養生という観点から薬膳インストラクターの免許取得
2017年4月いんやん倶楽部陰陽調和家庭料理教室で師範免許取得
重ね煮を使った薬膳家庭料理教室を実家で開催するとともに、生駒カルチャースクールで講師を務める。


教室からのお知らせ

2020/4/8

2020年4月7日コロナ対策として緊急事態宣言が発令され、兵庫県も対象になりました。
そのため4月のレッスンは休講させていただくことになりました。

2017/5/2

お知らせ
2017年4月「いんやん倶楽部の陰陽調和料理教室で師範取得」できました。
料理教室を始めるに当たり、菜彩クッキングの名前の由来は野菜を彩りよく、たくさん食べて欲しいという願い込めて命名しました。その頃は重ね煮のことは知りませんでしたが、お鍋ひとつで野菜がたっぷり摂れて、とても美味しいことに感激しました。通い始めると陰と陽の野菜を順番に重ね、種類は4~5種類使うと体のバランスが取れることが実感できました。旬の野菜のパワーが元気の素であることを、薬膳効果のある食材の組み合わせや、重ね煮を通してこれからも伝えていきたいと思ってます。


ページのトップへ戻る