南瓜団子入り薬膳ぜんざいのレシピ、作り方(harumicafe)

クスパアワード2020とは?
1年で最も支持を集めた料理教室の先生を発表するクスパアワード。2020年も、ユーザー様からの投票数・クチコミ数・アクセス数などを総合的に審査し、満足度が高かった教室を表彰する予定です。
2020年に参加した料理教室のなかで、もっとも満足度の高い教室を「クスパアワード2020 この教室に投票する」ボタンより、ご投票をお願いいたします。
なお、投票はお1人様1教室しかできません。不正があった場合は無効票となります。
投票期間:2020年12月1日(火)~2021年1月5日(火)
×
2020年一番満足度の高い教室は?クスパアワード投票受付中!

クスパ > クスパ レシピ > お菓子 > 和菓子 > 汁粉・ぜんざい > 南瓜団子入り薬膳ぜんざい

クスパ レシピ

南瓜団子入り薬膳ぜんざい harumicafe先生

印刷する

小豆は昔から解毒剤として使用されていました。
陰から陽へ季節の変わり目に体のお掃除のためにもゆっくり小豆を炊いてみましょう。
砂糖を使わずデーツとなつめの甘さで炊き上げます。自然な甘さが堪能できます。

<材料>  分量:4人分   調理時間:90分

小豆
150g
デーツ
100g
なつめ
30g
蜂蜜
大さじ1~大さじ2
南瓜
80g
白玉粉
80g
50cc~80cc
少々

作り方

【1】

小豆はサッと洗いかぶるぐらいの水を加え茹で、沸騰すれば茹でこぼす(アクが強い場合は3度ぐらい茹でこぼす)

【2】

茹でこぼした小豆に水4カップを加えゆっくりと豆が柔らかくなるまで茹でる(水が少なくなれば随時足す)

【3】

湯で戻したデーツ、なつめの種を取り細かく刻んで2に加える

【4】

混ぜながら味をなじませ、甘みが物足りない時は蜂蜜を加え、塩を加え味を調える


【5】

南瓜は皮をむき、3センチの角切りにし500wのレンジで3分前後かけ軟らかくなればすりこ木などでつぶす

【6】

白玉粉と南瓜をきれいに混ぜ合わせ水を加えながら耳たぶぐらいの軟らかさにし丸める

【7】

熱湯で団子を茹で浮き上がれば水にとり水気をきっておく
ぜんざいを器に入れ団子をのせる

★調理のコツ・ポイント★

小豆は新物なら40分程度で軟らかくなります。
必ず豆が柔らかくなってからデーツを加えてください

レシピ制作者

harumicafe:菜彩クッキング(兵庫県 尼崎市 東園田町)

■先生のプロフィール

企業で管理栄養士として料理教室・生活習慣病予防教室に従事。 定年退職後食事で健康を維持増進させるには栄養学…(全て読む)

■ネット予約可能なレッスン

2020年12月11日(金)   冬への備え「風邪予防ランチ」


ページのトップへ戻る



クスパからのお知らせ

2020年12月1日

毎年恒例のクスパアワードの投票がスタートしました!!
毎年ユーザー様から投票数・アクセス数・クチコミ数・アクセス数等から総合的に審査し、満足度が高かった教室を表彰します!

【投票受付期間】
2020年12月1日(火)~2021年1月5日(火)23:59