棗(なつめ)とクコの実で漬けた赤ワインのレシピ、作り方(あゆこ)

クスパアワード2021とは?
1年で最も支持を集めた料理教室の先生を発表するクスパアワード。2021年も、ユーザー様からの投票数・クチコミ数・アクセス数などを総合的に審査し、満足度が高かった教室を表彰する予定です。
2021年に参加した料理教室のなかで、もっとも満足度の高い教室を「クスパアワード2021 この教室に投票する」ボタンより、ご投票をお願いいたします。
なお、投票はお1人様1教室しかできません。不正があった場合は無効票となります。
投票期間:2021年12月1日(水)~2022年1月5日(水)
×
2021年一番満足度の高い教室は?クスパアワード投票受付中!

クスパ > クスパ レシピ > ドリンク・お酒 > お酒 > 棗(なつめ)とクコの実で漬けた赤ワイン

クスパ レシピ

棗(なつめ)とクコの実で漬けた赤ワイン あゆこ先生

印刷する

3

気を補い、精神を安定させる作用のある棗。血を補い、抗酸化作用が多いクコの実。

ポリフェノールによる抗酸化作用と、血を巡らす活血作用がある赤ワイン。

この効用のある3つの食材を組み合わせた女性におすすめの薬膳酒です。

<材料>  分量:保存瓶1L分   調理時間:5分

棗(なつめ)
適量
クコの実
大さじ3
赤ワイン
800mlほど

作り方

【1】

保存容器の半分くらいまで、棗を入れクコの実を大さじ3ほど入れる。

【2】

赤ワインを注いで、2週間常温で漬けておいたら完成です。

★調理のコツ・ポイント★

漬けておいた棗(なつめ)とクコの実も、そのまま美味しく食べられます。お酒は「百薬の長」である効果を感じられるくらいの適量に。をおすすめします。

レシピ制作者

あゆこ

あゆこ:暮らしの薬膳 薬膳理論を学べる料理教室(東京都 千代田区 神田)

■先生のプロフィール

国際中医薬膳管理師 鍼灸師 ヨガインストラクター ジャイロトニック認定トレーナー 神保町・浦安で薬膳の知恵…(全て読む)


ページのトップへ戻る



クスパからのお知らせ

2021年12月1日

毎年恒例のクスパアワードの投票がスタートしました!!
毎年ユーザー様から投票数・アクセス数・クチコミ数・アクセス数等から総合的に審査し、満足度が高かった教室を表彰します!

【投票受付期間】
2021年12月1日(水)~2022年1月5日(水)23:59