ヨーグルトメーカーで手軽に甘酒♪のレシピ、作り方(山田 晴子)

クスパアワード2020とは?
1年で最も支持を集めた料理教室の先生を発表するクスパアワード。2020年も、ユーザー様からの投票数・クチコミ数・アクセス数などを総合的に審査し、満足度が高かった教室を表彰する予定です。
2020年に参加した料理教室のなかで、もっとも満足度の高い教室を「クスパアワード2020 この教室に投票する」ボタンより、ご投票をお願いいたします。
なお、投票はお1人様1教室しかできません。不正があった場合は無効票となります。
投票期間:2020年12月1日(火)~2021年1月5日(火)
×
2020年一番満足度の高い教室は?クスパアワード投票受付中!

クスパ > クスパ レシピ > その他 > 発酵食品・発酵調味料 > ヨーグルトメーカーで手軽に甘酒♪

クスパ レシピ

ヨーグルトメーカーで手軽に甘酒♪ 山田 晴子先生

印刷する

6

ヨーグルトメーカーと500ml保存瓶くらいのガラスの保存瓶があれば、容器を移し替える手間もなく甘酒が作れます。
できあがったらそのまま冷蔵庫で保存。好きなときに甘酒を楽しむことができます。

<材料>  分量:500mlくらいの保存瓶1瓶分   調理時間:20時間くらい

冷やご飯
150g
熱湯
200ml
乾燥こうじ
50g

作り方

【1】

500mlサイズの保存瓶と蓋を煮沸消毒しておきます。

【2】

冷やご飯を保存瓶の中にいれます。

【3】

熱湯200mlを冷やご飯にかけてよく混ぜます。

【4】

ほぐした乾燥こうじを入れてさらによく混ぜます。


【5】

保存瓶をふきんなどに包んでゆるくカバーをするようにし、ヨーグルトメーカーに入れて65℃20時間に設定します。

【6】

時々瓶の中身を清潔なスプーンなどでかき混ぜて中身が均一になるように撹拌します。水が減ってくるので途中適量のお湯を足して混ぜます。

【7】

20時間経って食べてみて甘く美味しくなっていればできあがり。
甘さが足りないようであればさらに数時間追加して様子をみます。

★調理のコツ・ポイント★

★冷めたらそのまま冷蔵庫で保存できます。
★発酵時間が長いと甘みが増すので調味料としてもお使いいただけます。

レシピ制作者

山田 晴子

山田 晴子:天然酵母のパンとお菓子の教室Kinone(東京都 世田谷区 上北沢)

■先生のプロフィール

天然酵母のパンとお菓子の教室開催しています。 天然酵母を使ったオリジナル焼菓子「ヨギのおやつ」を販売してい…(全て読む)


ページのトップへ戻る



クスパからのお知らせ

2020年12月1日

毎年恒例のクスパアワードの投票がスタートしました!!
毎年ユーザー様から投票数・アクセス数・クチコミ数・アクセス数等から総合的に審査し、満足度が高かった教室を表彰します!

【投票受付期間】
2020年12月1日(火)~2021年1月5日(火)23:59