ビニール袋を使って作る簡単夏野菜ピザのレシピ、作り方(鎌倉 惠子)

クスパ > クスパ レシピ > パン > ピザ ・トースト > ピザ > ビニール袋を使って作る簡単夏野菜ピザ

クスパ レシピ

ビニール袋を使って作る簡単夏野菜ピザ 鎌倉 惠子先生

印刷する

【アルチェネロ「有機トマトピューレー」使用】
生地の材料を全部ビニール袋に入れてこねるので簡単。楽しい作業がお料理好きのお子様を育てます!

【日仏貿易×クスパ】コラボ企画で制作されたレシピです。

<材料>  分量:20cm 2枚分   調理時間:60分(ピザ生地の発酵時間を含む)

【ピザ生地】
(2枚分)
A)中力粉(または強力粉)
150g
A)イースト 
小さじ1/2
A)さとう
大さじ1/2
A)塩
小さじ1/2
1/2カップ
オリーブオイル
小さじ2
【ピザソース】
2枚分
アルチェネロ「有機トマトピューレー」
1パック(200g)
トマトケチャップ
大さじ1
ウスターソース
大さじ1
小さじ1/2
フレッシュバジル
6枚
オレガノ
少々
【トッピング】
(2枚分)
B)ウィンナー
4本
B)たまねぎ
50g
B)かぼちゃ
50g
B)赤パプリカ
1/8個
B)ししとう
4本
溶けるチーズ
80g

作り方

【1】

粉やイーストなどの材料を用意する。
25cm×30cmのビニール袋にAの材料を入れる。

【2】

1に水を加えて揉むようにこねて、最後にオリーブオイルを加えてもう一度混ぜる。
温かい所に30分くらい置いて発酵させる。
生地を取り出し、半分に分割して丸め、もう一度ビニール袋に入れて10分置く。

【3】

生地を発酵させている間に、ピザソースの材料をボウルに入れて混ぜておく。

【4】

2の生地を麺棒を使って丸く広げる。(2枚作成)


【5】

ピザ皿または天板に置く。

【6】

Bのトッピングを食べやすい大きさに切る。ピザ生地に3のソースを伸ばし、トッピングや溶けるチーズを乗せる。

【7】

180度に予熱しておいたのオーブンで12分前後焼く。オーブンの機種によって違いがあるので、チーズがとろけてきれいな焦げ目がつくまで焼く。焦がさないように注意する。

★調理のコツ・ポイント★

ピザ生地を作る際、材料を入れるビニール袋は厚手で大きなものを選びましょう。小さめのビニール袋でこねると破れやすいです。
生地は袋に入れたまま発酵させ、二倍の大きさになったら、ビニール袋に入れたまま手で押して空気を抜き、二分割しましょう。

レシピ制作者

鎌倉 惠子

鎌倉 惠子:キッチン*コミュニケーション(兵庫県 明石市 松の内)

■先生のプロフィール

ラジオ関西料理コーナー担当5年目①ミニコミあかしレシピ連載②JA冊子レシピ担当③播磨のポータルサイト等に…(全て読む)


ページのトップへ戻る


スタッフイチオシ『いよいよボジョレーヌーボー解禁!ワインに合うおつまみレシピ』