じゃがいものニョッキ、トマトソースのレシピ、作り方(橋口 恵美)

クスパ > クスパ レシピ > パスタ・グラタン > ニョッキ > じゃがいものニョッキ、トマトソース

クスパ レシピ

じゃがいものニョッキ、トマトソース 橋口 恵美先生

印刷する

1

【アルチェネロ「有機トマトピューレー」使用】
じゃがいもで作ったもちもちのニョッキに、色鮮やかなフレッシュトマト入りのトマトソースが食欲をそそります。お子様が作りやすいようにシンプルなレシピに仕上げました。

【日仏貿易×クスパ】コラボ企画で制作されたレシピです。

<材料>  分量:2人分   調理時間:60分

じゃがいも
250g
強力粉
80g
パルミジャーノ
小さじ2
小さじ1/4
アルチェネロ「有機トマトピューレー」
1パック(200g)
完熟トマト
1個
A)白ワイン
30ml
A)玉葱
30g
A)セロリ
30g
A)にんにく
1/2片
A)塩
小さじ1/2
オリーブオイル
大さじ1
ローリエ
1枚
パルミジャーノ(飾り用)
適量
バジル(飾り用)
1,2枚
オリーブオイル(仕上げ用)
適量

作り方

【1】

じゃがいもは洗って水と一緒に鍋に入れ、火をつけて茹でる。
(沸いたら中弱火で竹串がすっと通るまで。)

【2】

じゃがいもを茹でている間に2~4の工程を行う。
完熟トマトを半分に切り、ざるで裏ごししてトマトジュースにする。

【3】

Aの材料をフードプロセッサーにかけ、ピューレ状にする。

【4】

3を火にかけ水分を煮飛ばしたら、オリーブオイル、2のトマトジュース、有機トマトピューレー、ローリエを加えて10分ほど煮込む。


【5】

1のじゃがいもが竹串が通るくらい柔らかくなったら、ざるにあげて皮をむく。(熱いので注意してください。)

【6】

5のじゃがいもはマッシャーで潰すか裏ごしし、強力粉、パルミジャーノ、塩を加え、スパチュラなどで切るように混ぜる。

【7】

ある程度で台に出し、生地がまとまったら4等分くらいにする。

【8】

細長い棒状に伸ばし、1cmほどの厚さで切って、フォークで潰してニョッキの形にする。


【9】

たっぷりの湯に塩(分量外)を入れて8を茹で、浮いてきたら取り出す。

【10】

器にニョッキを入れてトマトソースをかけ、パルミジャーノとバジルを添える。
(お好みでオリーブオイルも追加する。)

★調理のコツ・ポイント★

ニョッキはこねると粘りが出るので、できるだけこねないようにしましょう。じゃがいもはホクホクの男爵系がおすすめです。
お好みでバジルやパセリを刻んでソースに混ぜても美味しくいただけます。
トマトはざるで裏ごしすることにより、ざるに皮と種が残り、簡単にフレッシュトマトジュースにすることができます。
※ソースは少し多めにできますので、チキンのグリルやオムレツなど、どんな料理にも万能にお使いいただけます。

レシピ制作者

橋口 恵美

橋口 恵美:e-kitchen(東京都 葛飾区 立石)

■先生のプロフィール

短大卒業後金融機関に勤務、退職後は趣味の料理を活かし出張料理なども行っていた。 結婚後、友人グループからの…(全て読む)


ページのトップへ戻る



クスパからのお知らせ

2019年5月28日

【お知らせ】line連携が可能になりました

いつもクスパをお使いいただき、ありがとうございます。

LINEログイン連携が可能になりました。
クスパ公式LINEができましたのでフォローもお願いします。

LINEログイン連携後は、その都度IDとPASSを入れなくてもログインできるようになります。