さんまの中華風豆板醤炒めのレシピ、作り方(遠藤 桂子)

クスパ > クスパ レシピ > 魚介のおかず > さんま > さんまの中華風豆板醤炒め

クスパ レシピ

さんまの中華風豆板醤炒め 遠藤 桂子先生

印刷する

1

旬のさんまを辛みと旨味で味付けして炒める。

<材料>  分量:6人分   調理時間:20分

さんま
6匹
しょうが
1かけ
にんにく
1かけ
チンゲン菜
1束
白ねぎ
1本
味噌
大さじ2
大さじ3
みりん
大さじ3
豆板醤
大さじ3
サラダ油
適量
生椎茸
1パック
塩コショウ
適量

作り方

【1】

さんまの頭と尾を切り落とし4等分に切る。内臓を取ってよく洗い、水気をふき取る。薄く塩こしょうをする。しょうがは千切にする。チンゲン菜は茹でておく。

【2】

中華鍋に、にんにく、しょうがと入れて火にかけてサラダ油を熱する。香がたったら弱火にしてさんまを並べて入れ、少し煮る。色が変わったら白ねぎ、椎茸を加えて調味料を入れる。

【3】

煮汁が1\2になるまで煮たら煮汁をさんまにかけながらとろみをつける。

【4】

器にもりつけてチンゲン菜を添える。
好みで香菜も添える。


★調理のコツ・ポイント★

さんまの生臭さを消す、しょうが、にんにく、白ねぎを多めに入れる。
煮汁をさんまにかけながらしっかりしたとろみをつける。

レシピ制作者

遠藤 桂子:Forest Club(岡山県 岡山市 北区 伊福町)

■先生のプロフィール

大学卒業後、あらゆる企業に従事し、その後結婚し専業主婦となる。 世界の料理に興味を持ち、イタリア、フランス…(全て読む)

■インターネット予約可能なレッスン

2019年 6月 8日(土)   初夏に爽やかな和食


ページのトップへ戻る