棒棒鶏のレシピ、作り方(佐藤 絵里子)

クスパ > クスパ レシピ > お肉のおかず > 鶏肉 > 鶏むね肉 > 棒棒鶏

クスパ レシピ

棒棒鶏 佐藤 絵里子先生

印刷する

3

しっとり蒸し鶏とたっぷり夏野菜を添えて、おもてなしにもむく前菜です。
レンジで作るしっとり蒸し鶏は覚えておくとすごく重宝します。
胡瓜の太さもわりと大事!おすすめはマッチ棒よりやや太め。

<材料>  分量:4人分   調理時間:15分

レンジ蒸し鶏
作り方参照
きゅうり
1本
トマト
1個
白ねぎ
5㎝
胡麻ダレ
ポイント参照

作り方

【1】

★胡麻ダレ→きび砂糖小さじ1、醤油小さじ2、ラー油小さじ1/2、はちみつ小さじ1、酢大さじ1、練り胡麻大さじ1、しょうがすりおろし小さじ1/2、炒り胡麻適量、白ねぎみじん切り適量を混ぜ合わせる。

【2】

★蒸し鶏→耐熱容器に塩ひとつまみ、きび砂糖ふたつまみ、はちみつ適量、片栗粉小さじ1、酒大さじ1、水大さじ1、こしょう少々、しょうがの皮、白ねぎの青い部分をあわせておく。

【3】

鶏むね1/2枚(150g)は厚みを均一にし、フォークで5カ所ほど刺し、脂と水気をのぞき①に入れ調味料をもみこむ。15分~数時間おく。

【4】

ふんわりラップをかけ、電子レンジ500Wで2分40秒~3分かけてそのまま冷まし、そのまま冷蔵庫で冷やしておく。


【5】

白ねぎの外側は白髪ねぎ、内側はみじん切りにして胡麻だれに入れる。

【6】

トマトは7㎜の薄切り、胡瓜はマッチ棒くらいの細切りにし、お皿に並べる。食べやすい大きさに切った蒸し鶏、胡麻ダレをかけて、白髪ねぎを添える。

★調理のコツ・ポイント★

このレシピへの感想

まりりん

まりりんさん

いつも鍋で蒸し鶏を作っていましたがレンジでこんなに簡単にしっとりできるなんて感動でした。中まで熱が入るか心配でしたが鶏の量を守れば大丈夫でした。胡麻だれも混ぜ合わせるだけでコクと甘さがほどよくて美味しいです。主人も子供たちもこの胡麻だれを気に入ってくれましたのでこれからはこのレシピで作ります。
佐藤先生のレシピは簡単で私も家族の味覚にもピッタリ合うようで美味しいです。

まりりんさん
いつもレシピを使ってくださってありがとうございます。
レンジでできるレシピは嬉しいですよね♡

佐藤 絵里子

レシピ制作者

佐藤 絵里子

佐藤 絵里子:お料理&お菓子の教室 12カ月(兵庫県 西宮市 南郷町)

■先生のプロフィール

関西学院大学史学科卒業後、辻学園調理・製菓専門学校に入学し調理師免許を取得。ツアーコンダクターとして、世界…(全て読む)

■インターネット予約可能なレッスン

2019年 5月23日(木)   皐月の和食


ページのトップへ戻る